背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すアカスリ

   

背中ニキビの予防としてアカスリは適しており、古くなった肌の角質を綺麗に落とすことができます。

身体に付着した垢を擦り落としてくれるサービスがアカスリで、サロンで施術を受けることができますし、現在では100円ショップでアカスリ用のタオルが販売されているのです。

肌のターンオーバーが乱れて古い角質がいつまでも肌へと残っていると、毛穴の中に詰まって背中ニキビを引き起こす原因となります。

ピーリングに似た方法ですし、どちらかというとアカスリの方が肌への刺激は少ないため、美肌を手に入れるために試してみるのは良いかもしれません。

アカスリを施してもらい、「ニキビ跡が綺麗になった」「ザラザラがなくなった」「肌がスベスベになった」という意見は出回っております。

しかし、既に背中ニキビが肌に形成されている状態であれば、絶対にアカスリは避けるべきです。

確かに、無駄な角質が取れてその日は肌が綺麗になったような感触を味わえるかもしれませんが、肌にとって擦るという行為は大きなダメージが加わります。

背中にボツボツが形成されており、その状態でゴシゴシと擦れば当然のように傷付いてしまうはずです。

その結果、余計に背中ニキビの症状が悪化し、ニキビの数が増えるだけではなく痛みや痒みが酷くなったというケースもあるので、頻繁な処置は避けた方が良いでしょう。

そこで、背中ニキビはアカスリではなく、当サイトでご紹介している化粧品のジュエルレインをおすすめします。

肌に刺激を与えて治すのではなく、潤いを与えて元々持っている回復力を促すケアができるので、一度ジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、お風呂場で背中を洗う時にゴシゴシと擦るのは良くないと言われており、これは摩擦によって肌に大きなダメージが加わるからです。

力を入れて洗っても毛穴の中の汚れは落ちませんし、ナイロンタオルなどを使っていれば余計に背中ニキビは酷くなります。

この原理と同じように、アカスリも基本的には肌を擦って古くなった角質を取り除く施術なので、背中ニキビが引き起こされている状態では避けるべきです。

背中ニキビもニキビ跡も改善された状態で美肌を保つために、アカスリを受けるのがベストなのではないでしょうか。

それに、既に背中ニキビの症状が悪化してニキビ跡が形成されているのならば、角質層の炎症を抑えることが大事で、表面を磨いたところで改善には繋がらないのです。

セルフケアでニキビ跡を治すのは少々難しいものの、薬用成分や抗炎症作用のある成分を肌の角質層に浸透させ、ターンオーバーを活性化させる治し方を毎日のスキンケアで行ってみてください。

 - 背中ニキビのケア