背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

汗・皮脂が原因の背中ニキビ

   

汗や皮脂と聞くと頭皮に分泌されやすいというイメージがあるかもしれませんが、背中も意外と分泌が多くなっております。

汗や皮脂が原因で背中ニキビが形成されるケースは決して珍しくありませんし、衣服で蒸れやすいのも症状が悪化する原因の一つです。

背中の皮脂の分泌量が多くなると毛穴に詰まり、雑菌が増殖して炎症が引き起こされ、背中ニキビが形成されるというメカニズムになっております。

そのため、「皮脂の分泌を抑制する」「毛穴の詰まりを解消する」「雑菌の増殖を防ぐ」という3つに焦点を当てれば、背中ニキビのない綺麗な肌を維持できるかもしれません。

頭皮や顔に次いで背中には汗や皮脂が分泌されやすいという特徴があるため、毎日のお風呂で綺麗に洗い流す必要があります。

ただし、身体に分泌される皮脂は無駄な存在ではなく、「肌の水分蒸発を防ぐ」「皮膚を滑らかにして保湿する」「細菌や病原菌の繁殖を防ぐ」「紫外線といった外部の刺激から守る」という重要な働きを担っているのです。

つまり、洗浄力の強いボディーソープなどを使ってあまりにも背中の皮脂を除去していると、逆に乾燥が原因で背中ニキビが形成されやすくなるので注意しましょう。

顔のニキビや二の腕のブツブツと同じように、乾燥によって肌のターンオーバーが乱れて剥がれるはずだった古い角質が肌に残り、背中ニキビが引き起こされやすくなるので皮脂の除去しすぎは危険なのです。

もし、既に汗や皮脂の過剰分泌で背中ニキビができているのならば、当サイトでご紹介しているジュエルレインをおすすめします。

既に形成された背中ニキビの炎症を和らげるとともに、肌の保湿も同時に行ってくれるので是非一度ジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、汗や皮脂の分泌は年齢によって大きく異なり、ホルモンバランスが関係しております。

思春期や青年期、妊娠中や更年期はホルモンバランスが乱れやすく、その影響で皮脂が過剰分泌されて背中ニキビの原因となるのです。

しかし、だからといって過剰に分泌された皮脂を無理に除去していると、返って肌に悪い影響を与えることになるため注意しなければなりません。

そこで、過剰に分泌された皮脂を取り除くようなケアではなく、毛穴の詰まりを解消するのが適しております。

毛穴を綺麗にすれば雑菌や細菌が繁殖することはありませんし、背中ニキビの効果的な治し方の一つなのです。

現代では、分泌される皮脂を抑えるために、イオウカンフルローションやメサルモン-F、低用量ピルといった医薬品が販売されております。

これらの医薬品で無理に皮脂を抑えるような治し方で必ずしも背中ニキビの症状が回復するわけではないので、普段からしっかりと背中を洗って潤いを与えてあげるという対策を行うべきです。

 - 背中ニキビの原因