背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを泡で洗う

   

既に肌に背中ニキビが形成されている方は、症状の悪化を防ぐためにも身体の洗い方を見直さなければなりません。

背中の汚れを除去したいからといってナイロンタオルを使ってゴシゴシ洗いをしていると、肌に必要な皮脂が奪われて乾燥しやすいですし、何よりも背中ニキビ自体が傷付く可能性があります。

そのため、背中ニキビに刺激を与えないように泡で洗うようなイメージがベストで、無理に肌を擦らなくてもたっぷりの泡を使えば汚れを落とせるのです。

特に、背中ニキビの炎症を防ぐためにも、石油系界面活性剤といった刺激的な成分が含まれたボディソープの使用は避けた方が良いでしょう。

とあるデータでは、固形の石鹸と比べて市販のボディソープは20倍の洗浄成分を使っているという統計が出ました。

汚れを落とせてもこれではデリケートな背中の皮膚は大きなダメージを受けますし、乾燥を促す結果となるため、優しい成分が含まれた無添加石鹸などを使って泡で洗うべきです。

顔の洗顔と同じように石鹸を良く泡立て、手で撫でるような洗い方をしていれば角質を傷付けることはありませんし、皮脂を過剰に取り過ぎる心配もないので背中ニキビの予防に繋がります。

無添加石鹸でもたっぷりの泡で洗った方が肌への負担を減らせるだけではなく、洗浄力も高められるのです。

泡立ちが良いということで市販のボディソープは人気があるものの、背中ニキビの予防や対策という意味では適さないので、たっぷりの泡で洗うために泡立てネットといったグッズを使ってみましょう。

数百円という格安の料金で泡立てネットは販売されており、固形石鹸でも素早く泡立てることができます。

とは言え、泡立てネットで作った泡はキメが粗いというデメリットがあるため、空気を含ませるように自分の手を使って泡立てるのが良いかもしれません。

洗顔や身体の洗浄のポイントは泡で洗うだけではなく泡のキメ細かさで、肌に接する表面積が大きくなれば隅々まで汚れを取り除いてくれます。

肌に残された皮脂や汚れが毛穴の中に詰まり、背中ニキビが引き起こされることは意外と多いので、綺麗な美肌を維持するためにもキメ細かな泡を作るところに重点を置かなければならないのです。

また、身体の洗浄方法だけではなく、洗った後の濯ぎにも着目しなければならず、洗浄成分が肌に残っているだけで大きな刺激となります。

シャワーで泡を落としていくのが普通ですが、身体を洗った時間の倍は濯ぎに費やすようにしましょう。

水圧に関してはそこまで差がないので個人の好みで構いませんが、「これでもか」というくらい洗い流し、お風呂上りに保湿ケアを行っていれば背中ニキビを予防できます。

当サイトでご紹介しているジュエルレインは背中ニキビを治すだけではなく、予防ケアとしても使用できるので是非一度通販で注文してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビのケア