背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すアズノール

   

azunol

1958年から発売されている皮膚潰瘍治療薬の一つがアズノール軟膏で、強力な効果はないものの安全性に優れているため、背中ニキビの治療のために使っている方もいらっしゃいます。

薬局やドラッグストアではアズノール軟膏は販売されておらず、皮膚科を受診して医師の処方によって入手するのが一般的です。

現在ではインターネット通販のような形で個人輸入代行業者を利用して海外の医薬品を入手できるようになったものの、偽物や粗悪品が届けられる可能性は少なからずあります。

そのため、アズノール軟膏に限らず、背中ニキビの治療薬は医師の処方によって入手するのが一番なのです。

基本的に、アズノール軟膏は皮膚の保護や保湿剤として使われており、赤ちゃんのオムツかぶれにも処方されております。

つまり、デリケートな赤ちゃんの肌にも使えるほど安全性が高く、ステロイドは含まれていないので他の塗り薬と比べてアズノール軟膏は副作用のリスクが少ないのです。

もちろん、安全性が高い代わりにステロイド剤のような即効性は期待できませんし、敏感肌の方は赤みやかぶれといった症状が引き起こされることがあります。

それでも、背中ニキビの症状が悪化していないのならば、リスクを負ってまでステロイド剤を使用する意味はないので、最初はアズノール軟膏のような穏やかな作用が得られる外用薬から治療を始めた方が良いでしょう。

アズノール軟膏の使い方のポイントは以下のようになっております。

・症状に合わせて適量を1日に数回塗布する
・眼科用として使用してはいけない
・誤って目に入った場合は直ぐに水で洗い流す
・清潔な手や綿棒などにつけて肌へと塗布する
・使い忘れても2回分を一度に使用してはいけない

上記でもご説明した通り、アズノール軟膏は医師の処方によって入手する形となるため、専門医の指示に従って用法と用量を守るのが基本です。

医師の指示を守らずに自分の判断で使用した場合、思わぬトラブルが引き起こされることがあります。

背中ニキビを治すどころか、肌の痒みや火照り、皮膚の刺激感といった過敏症状で悩まされるかもしれません。

穏やかな作用が期待できる塗り薬でも医薬品という点には違いないので、不快な症状を予防するためにも正しい使い方を続けなければならないのです。

また、アズノール軟膏は背中ニキビだけではなく、お尻ニキビにも効き目があります。

一日中下着に覆われているのでお尻は蒸れやすく、不潔になりやすい部位の一つなので、ニキビや吹き出物が形成されたら早めにケアを行ってください。

 - 背中ニキビを治す薬