背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すベビーパウダー

   

baby powder

背中ニキビを治す際に使える便利なアイテムの一つがベビーパウダーで、赤ちゃんや子供の汗疹の予防として人気を得ております。

「ベビー」と名前が付いているだけあって、小さな赤ちゃんのデリケートな肌でも使えますし、当然のように敏感肌の大人でも使用できるのです。

ベビーパウダーの主な原料はトウモロコシから抽出できるコーンスターチと、鉱物を主成分とする滑石(かっせき)で、余分な水分を吸収して肌の水分バランスを上手くキープする働きがあります。

背中は想像以上に皮脂や汗の分泌量が多く、窪みがあるので毛穴の中に詰まって背中ニキビが形成されるのは珍しくありません。

そこで、市販されているベビーパウダーを塗布することで皮脂を吸収して水分のバランスを保ち、尚且つ衣服による摩擦を避けて皮膚を保護してくれるので、背中ニキビの予防に繋がるのです。

「余分な皮脂を分泌させないようにする」「毛穴詰まりを引き起こさないようにする」という2つが背中ニキビの予防では重要なので、ベビーパウダーが役に立ちます。

「ベビーパウダーの塗布でべたつきは解消できても、肌が乾燥して背中ニキビが悪化するのではないか?」という不安を抱えている方はいらっしゃるでしょう。

確かに、背中の肌はサラサラになるものの、適度に水分を含んだ状態となるのでカサカサにはならないはずです。

とは言え、乾燥肌の女性にとってはベビーパウダーの使用が逆効果になる可能性もあるため、当サイトでご紹介しているジュエルレインをおすすめします。

ジュエルレインは保湿成分で肌に潤いを与えながら背中ニキビを治せるので、一度使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、ベビーパウダーの中には天然の鉱物のタルクが含まれており、他のスキンケア用品の中にも使われております。

このタルクには炎症を抑える効果が得られるので、ベビーパウダーは既に炎症を起こしている背中ニキビのケアとしても適しているのです。

また、背中ニキビを隠す際に、ファンデーションの代わりにベビーパウダーを使用するのも選択肢の一つかもしれません。

背中ニキビを隠しながら皮脂を吸収し、衣服との摩擦を避けて無駄な刺激が加わらずに済むのです。

それに、ファンデーションとは違って皮膚の呼吸を妨げることはないというメリットもあり、日焼け止めや下地をつけず、ベビーパウダーだけを塗布している女性もいらっしゃいます。

ただし、あまりにも大量につけていると逆に患部に雑菌が増えやすくなり、背中ニキビの症状を悪化させる要因となるため、適度にはたきながら塗布するだけで十分です。

 - 背中ニキビを治す化粧品