背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと便秘

   

意外だと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、背中ニキビと便秘には密接な関係性があります。

毎日のスキンケアで背中を保湿したり清潔さを保ったりしているのにも関わらず、背中ニキビの症状が悪化しているという方は便秘が原因かもしれません。

そもそも、便秘とは排泄の回数が少なく、便が腸内に残される病気のことを指し、以下のように幾つもの種類に分けられます。

機能性便秘:小腸や大腸といった消化器管の機能低下が原因
弛緩性便秘:大腸のぜん動運動が弱くなり便を押し出すことができない状態
痙攣性便秘:精神的なストレスによって自律神経が乱れ、便秘と下痢が交互に生じる
直腸性便秘:便が直腸に達しても便意が伝わらない状態
器質性便秘:腸閉塞や大腸ガンといった病気で腸の長さや大きさの異常で生じる

どのような種類の便秘でも、腹痛やお腹の張り、疲労感やだるさといった症状を訴えるケースが多く、腸内に溜まった便を体外へと排出できなければ根本的な改善には至らないという特徴があります。

今のところ、便秘と背中ニキビは関係性がないと考えている方が多いのではないでしょうか。

しかし、便秘によって腸内に本来であれば排出されるべき便が溜まっていると、老廃物が腐敗してアンモニアを中心とする毒素や有害物質が発生します。

善玉菌よりも悪玉菌の方が多い状態だと有害物質を退治できず、血液を通じて全身を巡り、新陳代謝の低下によって背中ニキビの原因に繋がるのです。

便秘が原因で背中ニキビができる流れをまとめると、「便秘が続く」⇒「腸内に便が溜まる」⇒「腐敗する」⇒「有害物質が発生する」⇒「血液に乗って肌に行き渡る」⇒「新陳代謝が低下する」⇒「肌荒れが生じる」となります。

「スキンケアを丁寧に行っているのに肌のコンディションが今一つ・・・」という女性は、便秘によって有毒ガスが発生している可能性が高いのです。

不要なものが腸内に滞留し続ければ有毒ガスを排出できませんし、背中以外の場所にもニキビや吹き出物といった肌荒れが生じやすいので十分に注意しなければなりません。

つまり、便秘が原因の背中ニキビを治したいのならば、スキンケアだけではなく便秘の解消も同時に取り組まなければならないのです。

・天枢(てんすう)や大巨(だいこ)といったツボ刺激で腸の働きを改善する
・睡眠不足やストレスを解消して腸が緊張する原因を取り除く
・便をコーティングして滑りを良くするオリーブオイルを摂取する
・寝る前に入浴して身体を温め、カチコチの腸を柔軟な状態にする
・ストレッチで腸を柔らかい状態にしてから眠る
・汚れを絡めとって腸内環境を促す食物繊維を接触的に摂取する
・猫背を中心とする姿勢の悪さを正して血行不良を改善する
・オリゴ糖や乳酸菌が含まれた便秘解消サプリメントを摂取する

上記のような対策を練っても便秘が解消されない場合は、病院を受診して便秘薬を処方してもらった方が良いかもしれません。

ドラッグストアで販売されている市販の医薬品に頼るよりも、医師の診察を受けた方が遥かに安全性が高いのです。

もちろん、便秘の解消と平行して毎日のスキンケアで背中ニキビを予防するのは大事なので、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと病気