背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すボディソープ

   

背中を綺麗に洗えるようなボディソープを探している女性は多いかもしれません。

確かに、背中に溜まった皮脂や汚れが毛穴の中に入り込み、背中ニキビを引き起こすことが多いので、ボディソープの選び方は重要なのです。

しかし、市販で販売されているボディソープの多くは皮脂を過剰に取り除くような成分が含まれており、逆に背中ニキビが引き起こされる原因となります。

特に、以下のような成分を含んでいるボディソープは、肌への刺激が強いので敏感肌の方は絶対に避けた方が良いでしょう。

トリクロサン:殺菌力が強すぎて皮膚炎や過敏症を引き起こしやすい
ジブチルヒドロキシトルフェン:殺菌成分で皮膚への刺激が認められる
キレート剤:泡立ちを良くする成分ですが皮膚への刺激が強い
プロピレングリコール:発がん性が高くアレルギー反応を引き起こしやすい
ラウリル硫酸塩:洗浄力は強いもののアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる
パラペン:皮膚刺激が強く肝機能低下の大きな原因となる

上記のような成分が含まれた製品は、肌の皮脂を過剰に取り過ぎる傾向があり、潤いがなくなって乾燥していきます。

皮脂が過剰に分泌されるのは乾燥して刺激から守ろうとしている時で、余計に毛穴の中に詰まりやすくなり、背中ニキビが悪化する大きな要因となるのです。

私たちの肌は外部の刺激から守るために、水分と油分を重ね合わせたラメラ構造と、肌の表面をコーティングする皮脂膜の2種類のバリア機能が備わっております。

このバリア機能が破壊されれば外部刺激に対して弱くなり、背中ニキビを中心とする肌トラブルが引き起こされやすいため、刺激的な成分が含まれたボディソープは避けるべきです。

敏感肌の女性は些細な刺激でトラブルが引き起こされるので、市販のボディソープではなく通販で販売されている無添加石鹸を使用するのが良いかもしれません。

余計な化学物質が含まれていなければ、肌への刺激を避けられます。

石鹸が使いにくく、どうしてもボディソープを利用したいのならば、刺激性の少ない成分が含まれた製品を選ぶとともに、自分の目的に合わせて以下のように使い分けましょう。

バスタイムでストレスを解消したい⇒香料の高いボディソープ
乾燥肌を改善したい⇒保湿成分が多いボディソープ
肌の炎症を予防したい⇒低刺激のボディソープ
身体の汚れをきちんと落としたい⇒洗浄力の高いボディソープ

上記のように、毎日使用するボディソープの見直しだけではなく、スキンケア用品の種類に拘れば背中ニキビは怖い症状ではないので、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビを治す化粧品