背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとセラミド

   

背中ニキビに効果のある成分がセラミドで、肌の水分を蓄えている細胞間脂質の一つです。

肌の角質細胞の隙間にセラミドは存在し、セメントのように角質細胞同士をつなぎ止めるような役割を担っております。

肌に潤いを与えて保湿を行い、肌の内側から水分を守って外的刺激から保護してくれるからこそ、背中ニキビといった肌トラブルに効き目があると考えられているのです。

肌の保湿成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲンの方が有名かもしれません。

しかし、肌への浸透力に焦点を当てればセラミドの方が優れており、乾燥を予防して肌に背中ニキビが形成されるのを防いでくれるのです。

赤ちゃんの肌がプルプルとしているのはセラミドをたっぷりと持っているからで、年齢を重ねるにつれてだんだんと減少していきます。

だからこそセラミドを補うために、この成分が含まれた化粧水や美容液を使って毎日のスキンケアを行うのが良いのではないでしょうか。

セラミドは毛穴ケアを行う際に適した成分で、毛穴の中に詰まった皮脂や汚れを取り除き、新たな汚れが入り込むのを防いでくれます。

背中ニキビは基本的に汚れや皮脂が毛穴の中に詰まり、雑菌が増殖することで炎症を引き起こして形成されるというメカニズムになっているため、セラミドが大きな効果を発揮するのはお分かり頂けるはずです。

また、セラミドは水分や油分をスポンジのように溜め込む働きを担っており、肌のセラミドが不足すればこの両方も不足するために、カサカサと乾燥します。

肌の乾燥によって外部からの刺激に弱い状態となるため、肌が元々持ち合わせているバリア機能を回復させるためにも欠かせない成分なので、背中ニキビや顔ニキビの改善に繋がるのです。

とは言え、セラミドと一口に言っても、以下のように複数の種類があります。

ヒト型セラミド:人間の肌に存在するセラミドと同じ構造をしている
非ヒト型セラミド:馬や豚といった動植物の天然成分から作られたセラミド
疑似セラミド:保湿効果はあるもののセラミドと似た構造なだけで全く異なる成分

保湿が目的で化粧水や美容液といったコスメアイテムを選ぶのならば、単純にセラミドが配合されているかどうかではなく、ヒト型セラミドを意識して選ぶのが良いかもしれません。

大きな効果が得られるのがアミノ酸やヒアルロン酸も配合した「セラミディアル モイスチャライジングセラム」や、まろやかなテクスチャーの「ローションセラムE」です。

当サイトでご紹介しているジュエルレインの中にはセラミドは含まれていないものの、保湿に大変優れており、乾燥する冬場でも潤いを保って背中ニキビを予防できるので、一度使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと関係のある成分