背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビ跡とケミカルピーリング

   

背中ニキビ跡の改善に役立つ治療法の一つがケミカルピーリングで、美容皮膚科やクリニックで実施されております。

薬剤を肌へと塗布することで表面にこびりついた古い角質を除去し、新陳代謝を活性化させて肌のターンオーバーを促す治療がケミカルピーリングです。

毎日丁寧に身体を洗っていても、古い角質が無駄に肌へと残されるケースは少なくありません。

その影響で背中ニキビが形成され、炎症や化膿が酷くなって背中ニキビ跡へと変化していくことは多いため、強制的に古い角質を取り除くケミカルピーリングが注目を集めております。

「ニキビ菌を殺菌する」「毛穴を引き締める」「コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す」「シミや色素沈着を取り除く」という効果もケミカルピーリングは秘めており、以下のような肌の悩みを持つ女性におすすめです。

・小じわやくすみをどうにかしたい
・シミやソバカスを薄くしたい
・肌の黒ずみや色素沈着を改善したい
・美白効果を得てスベスベの肌を手に入れたい
・肝斑を改善したい
・くまを目立たなくさせたい

上記のように、背中ニキビ跡だけではなく、ありとあらゆる肌トラブルに効き目があるのがケミカルピーリングの大きなメリットなのです。

ケミカルピーリングで使用される薬剤はクリニックによって異なるものの、いずれも医療機関でのみ取り扱いが許された高濃度の化学薬品なので、自宅でのピーリング石鹸の使用よりも遥かに大きな効果が得られます。

それに、正しい知識を持った医師が処置を施してくれるため、自宅でピーリング石鹸を使って背中ニキビ跡を治すよりも安全に症状の回復を目指せるはずです。

ケミカルピーリングに使用される薬剤としては、クエン酸やリンゴ酸、乳酸やグリコール酸を中心とするAHA(アルファヒドロキシ酸)が代表的となっております。

個人の背中ニキビ跡の症状や肌質によって濃度を使い分けてくれるため、後遺症が残るような心配はありません。

また、角質だけではなく皮脂や角栓まで溶かすBHA(ベータヒドロキシ酸)や、トリクロロ酢酸と呼ばれる強い薬品を使うケースもあります。

どの種類の薬剤を使うにしても、日常生活に支障を来たすことなく背中ニキビ跡の治療を続けられる点がケミカルピーリングのメリットなのです。

他にも、以下のような施術が美容皮膚科では実施されており、背中ニキビ跡の改善として適しております。

クリスタルピーリング:酸化アルミニウムの微粒子を吹き付ける治療で、肌質が弱い方でも受けられる

ダイヤモンドピーリング:ダイヤモンドの微粒子が付いたソフトスポンジで表面を研磨し、削る強さを調整できる

マックスピール:赤外線レーザーを患部へと照射し、古い角質や毛穴汚れを燃焼させられる

ただし、どのピーリングでも1回の処置で背中ニキビ跡やシミを治せるわけではなく、複数回に渡って処置を受ける必要があります。

それに、処置の後は極端に肌のバリア機能が低下しており、太陽の紫外線によるダメージを与えないためにも欠かさずにアフターケアを行わなければならないのです。

「保湿ケアを行う」「UV対策を行う」という2点が大事なので、詳しいことは施術を受けたクリニックの医師に相談してみてください。

 - 背中ニキビの跡