背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとクエン酸

   

背中ニキビをクエン酸ピーリングで治そう

レモンやミカン、グレープフルーツなど柑橘系の果物の中に含まれていることの多い栄養素の一つがクエン酸で、現在では健康や美容目的として食材やドリンクとして使われております。

クエン酸の酸性の成分を活かしたピーリングが背中ニキビの改善に効果的だと、NHKの「あさイチ」という番組で紹介されました。

市販で販売されているピーリング石鹸を購入しなくても、スーパーで販売されているレモンを購入すれば自宅でクエン酸ピーリングの処置を行い、背中ニキビの改善や予防ができます。

クエン酸を肌に塗布することで皮膚表面の古くなった角質を溶かし、新陳代謝を促して肌のターンオーバーを正常化してくれるため、背中ニキビを中心とする肌トラブルの解消に繋がるのです。

正常な状態ならば約1ヶ月周期で肌は再生されていくものの、不規則な生活を送っている人ほどその周期が乱れやすくなります。

古くなった角質がいつまでも肌に残されれば毛穴の中に詰まり、背中ニキビが引き起こされやすくなるのです。

そのような状態を改善してくれる方法がクエン酸ピーリングで、背中ニキビだけではなく小じわ対策やニキビ跡の予防としても利用できます。

クエン酸は非常に安く手に入るからこそ、クエン酸ピーリングは女性の間で注目を集めているのかもしれません。

以下では、クエン酸ピーリングの作り方と使い方について説明しているので、背中ニキビで悩む方は一度試してみてください。

①精製水30mlとクエン酸3gを用意する
②コップの中に精製水とクエン酸を入れて混ぜる
③できたクエン酸水をスプレー容器に移す
④お風呂の中で身体を洗って清潔な状態を保つ
⑤肌の気になる部位へと適量をスプレーする
⑥クエン酸を塗布して5分間程度放置する
⑦その後にシャワーを使って綺麗に流す
⑧肌の乾燥を防ぐために化粧水や美容液で保湿する

上記のような方法でクエン酸ピーリングを行うことにより、肌のザラ付きがなくなり、一皮向けてツルツルの状態を維持できます。

肌の無駄な角質を剥がしてくれるため、背中ニキビやデコルテニキビの予防に繋がるのです。

ただし、クエン酸ピーリングは肌への刺激が強く、肌に傷が形成されていたり時間を置きすぎるとピリピリと痛みを感じるかもしれません。

特に敏感肌の女性は、濃度を薄めたり塗布してから置く時間を短くしたりしても、肌の赤みやかぶれが生じるかもしれないので十分に注意が必要です。

逆に肌荒れが引き起こされてしまっては全く意味がないので、敏感肌の方は刺激のないジュエルレインを使って背中ニキビのケアを行うようにしてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと関係のある成分