背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとコーヒー

   

coffee3

カフェインの過剰摂取によって背中ニキビが形成されやすい状態になるという噂が飛び交っており、「コーヒーは肌に悪いのか?」という疑問が芽生えるはずです。

確かに、「コーヒーは肌荒れの原因」「美肌の大敵」「ニキビが肌に形成されやすくなる」と記載されているサイトがありました。

それは、コーヒーの中にカフェインが含まれているのが大きな理由で、過剰摂取しているとビタミンやミネラルといった肌の回復に必要な栄養素が破壊されるのです。

ビタミンやミネラルが体外へと外出されて不足すると肌の再生が遅くなり、背中ニキビの回復も当然のように遅くなります。

しかも、胃液の分泌を促して胃腸が荒れるというリスクもあるため、コーヒーがどんなに好きでも美肌を保つために過剰摂取は避けた方が良いかもしれません。

また、コーヒーを飲む際に砂糖を入れることが多く、1日に何倍も飲んでいれば当然のように糖分の過剰摂取に繋がり、血液がドロドロの状態になって肌のくすみや肌荒れに繋がります。

アトピーやシミといった肌トラブルで悩む方も糖分の摂取を避けた方が良いと考えられているので、コーヒーだけではなく甘いものの食べ過ぎには注意が必要です。

もちろん、コーヒーを飲むのをやめても背中ニキビの症状が回復していくわけではないので、当サイトでご紹介している美容ジェルのジュエルレインの使用をおすすめします。

美容成分がジュエルレインの中には凝縮されており、余計な添加物は全て排除されているので、毎日のスキンケアの中に取り入れて背中ニキビの対策を練ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、コーヒーの豆には色々な種類があり、適度な酸味のメキシコや甘い香りが特徴のコロンビア、強い酸味のキリマンジャロなどが有名となっております。

これらのコーヒーには種類に関わらずカフェインが含まれており、背中ニキビの症状が悪化する要因となるため、過剰摂取は避けた方が良いのです。

カフェインの1日の目安摂取量は400mgで、コーヒーに換算すると約3杯程度となります。

しかし、上記でご説明したようにカフェインだけではなく糖分も含まれていることが多いので、背中ニキビを予防したいのならば1日に1杯程度に留めておくのが良いかもしれません。

アルコールのように中毒性はないものの、毎日のように飲んでいると「もう1杯」と過剰に飲みすぎる可能性があります。

「テンションが上がる」「眠気が覚める」「集中力がアップする」というプラスの効果もあるので、身体に悪い成分ではないのです。

それでも、胃腸の調子を悪くする作用も持ち合わせているので、過剰摂取だけは絶対に避けてください。

 - 背中ニキビと関係のある食品・飲み物