背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すダラシン

   

dalacin

ディフェリンと並んで皮膚科で処方されることの多い背中ニキビの治療薬がダラシンTゲルで、抗生物質が含有されております。

クリンダマイシンと呼ばれる抗生物質がダラシンTゲルの中には含まれており、強い殺菌効果でアクネ菌やブドウ球菌を殺菌し、背中ニキビの炎症を抑えてくれるのです。

化膿性炎症を伴う背中ニキビに効果的で、正しい使い方を実践していれば高い抗菌力を発揮し、赤みや腫れもだんだんと引いてきます。

お近くの薬局やドラッグストアでは販売されておらず、医師の処方によってしか入手できない点がダラシンTゲルの特徴かもしれません。

本体価格は1,765円ですが、ダラシンTゲルは保険が適用されるため、3割負担の約600円程度で入手でき、背中ニキビの治療を進められます。

臨床実験では67人の赤ニキビを発症している患者さんのうち、53%の方が改善に至ったので、ダラシンTゲルは即効性も改善率も極めて高いのです。

しかし、医師の指示に従って用法と用量を守って使用していくのならばまだしも、自分勝手な判断で量や回数を増やしたりしていると、以下のような副作用のリスクが高まります。

・肌が乾燥してカサカサの状態になる
・肌がかぶれて赤くなる
・肌に痒みが生じる
・肌にツッパリ感を覚える
・蕁麻疹が引き起こされる

上記のような副作用だけではなく、ダラシンTゲルを使い続けることにより、強い抗菌作用から肌を保護している必要なアクネ菌やブドウ球菌まで取り除いてしまいます。

これはサラサラとした使用感が特徴で、脂性肌の人に処方されるダラシンTローションも一緒です。

肌の雑菌が一切いなくなれば逆に炎症を引き起こしやすくなり、肌の乾燥によってバリア機能が破壊されれば皮脂が過剰分泌され、毛穴詰まりが生じて背中ニキビが形成されやすくなります。

しかも、基本的にダラシンTゲルは雑菌を殺菌する効果しかなく、背中ニキビ自体の症状を和らげているわけではないので、使い続ければ耐性菌ができて効き目がなくなることもあるでしょう。

つまり、専門医の指示に従って患部の炎症や腫れが落ち着いてきたら、ダラシンTゲルの使用を中止しなければならないのです。

ダラシンTゲルの使用は1週間から2週間程度が限度だと考えられているほど危険性が高く、塗り薬だけではなく他の対策も同時に行って背中ニキビの症状を和らげなければなりません。

重症の背中ニキビの場合、身体の外側と内側の両方からケアを行わなければならないと頭に入れておくべきです。

 - 背中ニキビを治す薬