背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと炎症

   

見るだけでも痛々しい炎症を引き起こした背中ニキビをどのように治せば良いのか、疑問を抱えている方は多いかもしれません。

背中ニキビに限らず顔に形成されるニキビにも同じことが言えますが、いきなり肌に形成されて炎症を引き起こすわけではないのです。

最初は毛穴に皮脂が詰まり、白ニキビや黒ニキビが肌に形成され、この状態からアクネ菌が増殖することで炎症が進行していきます。

炎症を伴う背中ニキビは赤ニキビや黄ニキビと呼ばれる状態で、痛みを伴うのが大きな特徴です。

そのため、赤ニキビや黄ニキビへと発展する前の白ニキビや黒ニキビの段階で、毎日のスキンケアに気を配って対処するのが背中ニキビの効果的な治し方なのではないでしょうか。

炎症や化膿といった症状が進行すれば背中ニキビが大きくなったり広範囲に渡ったりするだけではなく、ニキビ跡になって肌に残り続ける可能性があります。

赤く腫れた背中ニキビは毛穴の内側で炎症が起こっており、化膿予備軍なのは間違いないので正しい対処をしなければならないのです。

背中は汗をかきやすい部位なので炎症が悪化しやすいですし、衣服との擦れによって炎症がおさまらないという負のスパイラルに陥るケースもあります。

化粧品を使ったスキンケアでは回復できないこともあるため、皮膚科を受診して自分の肌質に合った塗り薬を処方してもらうのがベストです。

当サイトでご紹介しているジュエルレイン(Jewel Rain)によるケアも、炎症が酷く悪化しているのならば避けた方が良いかもしれません。

とは言え、肌を乾燥から保護してバリア機能を高めてくれるので、背中ニキビのでき始めにはジュエルレイン(Jewel Rain)を使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、炎症を引き起こしている背中ニキビは、白ニキビや黒ニキビと比べて治りにくいという特徴があります。

皮膚科を受診して専用の薬を貰ったとしても、1週間や2週間といった短い期間では回復するのは少々難しいのです。

そのため、塗り薬を使って対処するだけではなく、普段のスキンケアの方法や生活習慣の見直しなどのアドバイスを専門医から受けるのが良いのではないでしょうか。

身体の外側と内側の両方からのケアを行うことにより、炎症を引き起こした背中ニキビでもゆっくりと回復していきます。

既に背中ニキビが炎症を起こしてしまったのは仕方がないので、後は化膿してニキビ跡が形成されるという最悪な状況を防ぐことが大事です。

ニキビ治療で皮膚科を訪れる人の割合は圧倒的に女性なので、恥ずかしがらずに病院を受診して正しい対策の方法を伺ってみてください。

 - 背中ニキビと関係のある症状