背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すエタノール

   

ethanol

実験から消毒液まで多様な役割をこなすのがエタノールで、お酒やトイレの消臭剤など身近なものに含まれております。

エタノールは殺菌や消毒液として使われているため、背中ニキビを治せるのではないかと噂が飛び交っているのです。

確かに、毛穴の中に皮脂や汚れが詰まり、その場所にアクネ菌といった皮膚常在菌が繁殖することで背中ニキビの炎症が悪化していきます。

理論的に言えばアクネ菌を殺してしまえば炎症を抑えられるので、エタノールの塗布で背中ニキビが治ると考えられているのではないでしょうか。

実際に、化粧水の中には少量のエタノールが配合されておりますし、原液ではなく水で薄めて使用すれば肌が大きな刺激を受けることはないはずです。

ただし、どのような背中ニキビの症状でも、エタノールを肌に塗布して背中ニキビを治す方法は試さない方が良いかもしれません。

2chではエタノールでニキビを治せたと回答している方はいらっしゃるものの、脱脂力が強いので蒸発が早く、その際に肌の水分まで一緒に蒸発させて乾燥します。

皮膚にエタノールを塗布するとカサカサしたり突っ張ったりしますし、肌の皮脂が奪われて乾燥した状態は背中ニキビが形成されやすいのです。

敏感肌の方は特にダメージを受けやすく、赤く腫れ上がることもあるため、エタノールではなく肌に悪影響のないように薄めたマキロンを使うのが良いでしょう。

むしろ、無理に医薬品を使わなくても軽度の背中ニキビならば普段のスキンケアで症状を緩和させることはできるので、当サイトでご紹介している保湿ジェルのジュエルレインを一度使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、どうしてもエタノールを使って背中ニキビを治したいのならば、水で薄めた後にコットンやガーゼに浸し、ニキビが形成されている部分に押し当てていきます。

しかし、肌荒れのリスクを負ってまで危険性の高い処置を行うことに意味はありませんし、背中ニキビを治す化粧品や専用の塗り薬を使って対処した方が良いのです。

それに、エタノールは揮発性があり、鼻ニキビや頬ニキビを治すために顔に塗布すると目がしみますし、眼球の炎症が引き起こされる引き金になるかもしれません。

背中ニキビならば成分が目に入ることは絶対にありませんが、皮膚の健康を守っているアクネ菌やブドウ球菌まで殺菌してしまうことがあります。

皮膚常在菌は決して無駄な存在ではなく、皮膚に皮脂膜を張って表面を弱酸性に保ちカビの増殖を防いだり、太陽の紫外線から皮膚を保護したりという働きを担っているのです。

その皮膚常在菌が全て消え去れば逆に肌トラブルが引き起こされる要因となるため、エタノールの皮膚への塗布は絶対に避けてください。

 - 背中ニキビを治す薬