背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと吹き出物

   

一般的に20歳までに肌に形成されるのがニキビで、20歳以降に形成されるのが吹き出物だと言われております。

しかし、思春期ニキビではなく大人ニキビは20歳以降に形成されるので、「大人の背中ニキビ=吹き出物」というのが正解です。

ニキビしても吹き出物にしても肌に形成されるブツブツやポツポツという点では変わりなく、見た目のイメージを悪くする大きな原因となります。

「背中ニキビは衣服で隠れているからそこまで念入りにケアをしなくても良い」と考えている方はいらっしゃるかもしれません。

確かに、冬場は特に人前に露出することは少ないものの、夏場に水着やキャミソール、ノースリーブといった衣服を着用すると背中の肌があらわになります。

その際に背中ニキビや吹き出物が形成されていれば、どんなに可愛い衣服でも綺麗に着こなすことはできませんし、手が届きにくく目で見えない場所だからこそ丁寧なケアを心掛けなければならないのです。

最初はプツプツとした小さな吹き出物でも、背中に分泌される汗によって炎症が悪化し、赤ニキビ⇒黄ニキビと発展していくことは十分にあります。

炎症や化膿によって更に治りにくくなることは間違いないので、「放置すれば自然と治る」と楽観視するのではなく、正しい対策を練った方が良いのではないでしょうか。

当サイトでは、背中ニキビやデコルテに形成される吹き出物の改善に最適な美容ジェルのジュエルレインをご紹介しております。

保湿成分や抗炎症作用のある成分をたっぷりと含んでいるので、是非一度ジュエルレインを使って美肌を手に入れる努力をしてみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中に形成される吹き出物やブツブツは、必ずしも背中ニキビだけではありません。

肌のターンオーバーによって表面に出た老廃物が排出されずに内側に溜まったことで生じる粉瘤や、毛穴に角質が溜まって盛り上がる毛孔性苔癬という症状の可能性もあります。

背中ニキビと治療法が大きく異なっているわけではないものの、粉瘤は局所麻酔下で切除手術を行い、毛孔性苔癬はフルーツ酸を用いたケミカルピーリングを行うという正しい治し方があるのです。

間違った治し方を自分の判断で行っていると、吹き出物の症状が悪化する可能性があります。

顔と同じように背中の皮膚も皆さんが想像している以上にデリケートですし、専門医の指示に従って治療を施すのがベストです。

もちろん、「背中を清潔に保つ」「背中を保湿して潤いを与える」「刺激を与えすぎない」というケア方法に関しては一緒なので、毎日のスキンケアの方法もしっかりと見直してください。

 - 背中ニキビと関係のある症状