背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

服(パジャマ)が原因の背中ニキビ

   

pajamas

衣服やパジャマといった寝具が原因で背中ニキビが引き起こされることは十分にあり得ます。

「背中ニキビが悪化している」「清潔に保っているのにぶつぶつができる」「食生活に注意しているのに背中ニキビが形成される」という方は、パジャマに原因が潜んでいるかもしれません。

とあるアンケートによると、毎日パジャマを着替えるという人は少ないことが分かりました。

確かに、外へと出掛けているわけではありませんし、汚れが酷くなることはないため、数日間は同じパジャマでも問題ないと考える人が多いはずです。

しかし、私たちは寝ている最中にも汗をかいたり皮脂が分泌されており、同じパジャマを使用していると衣服の裏側に黴菌が繁殖します。

いくらお風呂で背中を綺麗に洗って清潔さを保っていたとしても、着用している服が汚れていては意味がありませんし、背中ニキビを引き起こす原因となるのです。

就寝中の発汗量は皆さんが想像している以上に多いため、背中ニキビを予防したいのであればパジャマはできる限り毎日取り替えた方が良いでしょう。

1回着用しただけでも汗や皮脂は見えないところでベッタリと付着しておりますし、その際に雑菌も付いていれば皮脂をエサにしてどんどん繁殖します。

寝ている間にかく汗はコップ1杯分~ペットボトル1杯分とも言われているので、自宅で着用する専用のパジャマでも毎日取り替えることが大事なのです。

また、背中といった肌への刺激を最小限に抑えるためにも、着用する衣服の素材にも気を配った方が良いかもしれません。

パジャマに関しては、ポリエステルやナイロンといった化学繊維で構成されているものではなく、綿100%の素材で作られたパジャマが適しております。

スベスベとして肌触りが良いということで高級感のあるシルク素材のパジャマを着用している方は多いものの、汗を吸収しにくいというデメリットがあるのです。

ポリエステルやナイロンも同じように寝ている時の汗を吸収してくれないため、背中ニキビを予防したいのであれば綿100%のパジャマを選んだ方が良いでしょう。

外出する際に着用する洋服も肌の上から直接着ると汗の吸収性が悪く、アクネ菌を中心とする雑菌が繁殖して背中ニキビの原因となります。

それに、化学繊維やニット素材で作られた服はチクチクとして背中にダメージが加わるので、シルクやコットン100%の天然素材の肌着を着用した上から洋服を着るべきです。

特に、無印良品から販売されている「オーガニックコットンカップ入りタンクトップ」は、お手頃な価格でありながら通気性や汗の吸収性に優れているため、背中ニキビを予防したい人は購入してみましょう。

以上のような対策を練っていれば、背中ニキビや吹き出物といった肌トラブルを未然に予防できます。

もちろん、既に形成された背中ニキビを治すことはできないので、当サイトでご紹介しているスキンケア用品のジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビの原因