背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと岩盤浴

   

gambanyoku

40℃~50℃程度に温められた岩石の上にタオルを敷き、横になって汗をかくサウナ形式の一つが岩盤浴で、「お湯の要らないお風呂」とも呼ばれております。

天然の岩盤浴としては秋田県の玉川温泉が有名で、遠赤外線で身体を温めて新陳代謝を促してくれるため、背中ニキビの改善に効果的だと言われているのです。

気持ちの良い汗をかいて体内に溜まっている毒素や老廃物を排出するのは肌トラブルの改善に最適ですし、毛穴を開かせて汚れを取り除くこともできます。

新陳代謝を活性化させて肌へと栄養分が行き渡りやすくなれば、背中ニキビができにくい体質を維持できるのではないでしょうか。

それに、岩盤浴には以下のような効果もあり、女性から人気を得ております。

・体温を上げて代謝を良くして痩せやすい身体を維持する
・身体の内側から温めるのでサウナよりもデトックス効果が高い
・リラックス効果を促して乱れた自律神経を整えてくれる
・老化の原因の活性酸素を取り除いてアンチエイジング効果を高められる

岩盤浴の効果を高めたいのならば、「10分間程度仰向けになる」⇒「10分間程度うつ伏せになる」⇒「5分間休憩する」という流れをワンセットとして、複数回に渡って行いましょう。

また、水分を失うと脱水症状が引き起こされるかもしれないので、小まめにミネラルウォーターなどで水分補給を行うことが大事です。

正しい方法で岩盤浴を行っていればアンチエイジング効果を高められるので、背中ニキビのない綺麗な肌を維持できます。

しかし、「岩盤浴は背中ニキビの対策には適していない」という意見も出回っており、果たしてどちらが正しいのか不安になる方はいらっしゃるかもしれません。

それは恐らく、長時間に渡って寝たままの状態をキープするのが岩盤浴で、汗によって背中ニキビが刺激されて炎症を引き起こす可能性があるからです。

実際に、「ニキビやアトピー体質の方は岩盤浴の利用で症状が悪化する可能性があります」と注意書きがされているところもありますし、綺麗になるための行為が逆効果になることもあります。

肌に背中ニキビが形成されていない女性でも、敏感肌の人にとっては大きな刺激となり、肌荒れを助長させる結果となるので避けた方が良いでしょう。

もし、どうしても岩盤浴を行いたいのならば、「汗をかいたらしっかりと流す」という点を心掛けるべきです。

汗をそのまま放置せずにきちんと拭き取れば問題ないので、清潔なタオルを用意するのも良いかもしれません。

それに、岩盤浴の利用だけで背中ニキビがみるみるうちに治っていくわけではないので、症状の悪化を食い止めるために当サイトでご紹介しているジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビのケア