背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと肌着

   

hadagi

背中ニキビの対策として化学繊維で作られた肌着ではなく、シルクや綿といった素材の肌着の着用が適しております。

「着ている衣服の種類で背中ニキビができるかどうか変わるの?」という疑問を抱くかもしれません。

肌着が直接的な原因になるわけではありませんが、化学繊維で作られた肌着は汗の吸収性が悪いというデメリットがあります。

夏場は特に気温が高いため汗をかきやすく、不衛生な状態が長時間に渡って続くことで毛穴に詰まった皮脂をエサにして雑菌が繁殖し、背中ニキビが形成されるというメカニズムです。

その点、シルクや綿、コットン100%といった素材で作られた肌着であれば通気性や汗の吸収性が良く、背中の肌の清潔さを保つことができます。

シルクで作られた肌着は価格が高いものの、肌に優しく保湿効果も高いので、天然繊維で作られた衣服を着用するだけでも背中ニキビの予防に繋がるのです。

シルクで作られた肌着の価格に不安を抱えるのならば、テンセルやリヨセルといった安価な肌に優しい自然由来の素材を利用するのが良いのではないでしょうか。

背中は下着や肌着で覆われており、ただでさえ不衛生な環境になりやすいため、着用している服の素材にも細心の注意を払わなければならないのです。

しかし、既に形成された背中ニキビを治すような効果はないため、症状の悪化を食い止めたいのならば美容成分が含まれたジュエルレインの使用をおすすめします。

数多くのスキンケア用品の中でも、120日間という長い返金保証制度を取り入れているのはジュエルレインだけなので、是非一度購入してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、気温が高くてムシムシとしやすい夏場は、肌着を着用せずにシャツ1枚で過ごしたいと考えるかもしれません。

確かに、夏場に重ね着をするのは少々辛いかもしれませんが、背中ニキビを予防したいのならば肌着は必須です。

女性の場合、背中はブラジャーのホックによる摩擦で刺激を受けているので、ただでさえデリケートな状態となっております。

その状態で衣服を直接着用すると、汗の吸収性が悪く不衛生な状態となって背中ニキビが形成されやすくなるため、肌着は絶対に着た方が良いのです。

また、背中の通気性や衣服との接触による蒸れを考慮して、部屋着は背中が空いているチューブトップやホルターネックタイプが良いでしょう。

部屋着ならばそこまでオシャレに気を配らなくても良いはずなので、デザインではなく背中への刺激が加わりにくいかどうかで選ぶべきです。

寝る時のパジャマが原因で背中ニキビが形成されるケースも十分にあり得ます。

特に、同じパジャマを数日間に渡って着用していると、寝ている最中にかいた汗で雑菌が繁殖しやすいので、できる限り毎日新しいものに替えてください。

 - 背中ニキビのケア