背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと腫れ

   

背中ニキビだけならば毎日のスキンケアで症状を軽くすることはできますし、乾燥を予防して保湿ケアを心掛けていれば少しずつ消えていきます。

しかし、背中ニキビを放置したり背中を不衛生な状態で保ったりしていると、赤く腫れ上がることがあるのです。

これは雑菌が毛穴の中で増殖して炎症を引き起こしている状態を指し、腫れを伴う背中ニキビは治りにくいという特徴があります。

「赤く腫れ上がっている」「背中ニキビが痛い」「衣服と擦れて出血する」という状態は、確実に炎症を引き起こしていると考えて良いでしょう。

白ニキビや黒ニキビなど表面が白くポツっとした初期症状とは異なり、腫れを伴う背中ニキビは皮膚組織が破壊されているケースも多いため、余計に修復が難しいのです。

更に、毛穴の内側で炎症が起こり腫れている背中ニキビを放置すると、化膿して黄ニキビと呼ばれる状態へと進行していきます。

「白ニキビ」⇒「黒ニキビ」⇒「赤ニキビ」⇒「黄ニキビ」と症状は進行していき、症状が進めば進むほど治すのが難しくなるのは間違いありません。

そのため、皮脂が詰まってポツっと盛り上がっているような白ニキビや黒ニキビの段階で正しい処置を行い、腫れ上がる赤ニキビや黄ニキビを予防するのが大事なのです。

いきなり肌に赤ニキビや黄ニキビが形成されることはないので、肌にブツブツが形成された段階で当サイトでご紹介しているジュエルレインの使用をおすすめします。

「綺麗な背中を手に入れることができた」「肌の悩みが解消された」「ベタ付かず塗りやすい」という高い評価を得ている化粧品なので、今直ぐにジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中ニキビの放置によって既に赤く腫れ上がってしまったのならば、ビタミンC誘導体が含まれた美容液の使用が効果的です。

「肌を強くする」「コラーゲンの生成を助けてニキビを沈静化させる」「ニキビ跡を予防する」「ターンオーバーを促す」という効果をビタミンCは持ち合わせております。

このビタミンCを肌へと浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体で、女性が使用する化粧品に配合されていることの多い成分です。

メラニンの生成を抑制する作用も持ち合わせているため、背中ニキビだけではなく肌の黒ずみにも効果的なのではないでしょうか。

もちろん、炎症を起こして腫れた背中ニキビは自己ケアでは回復しにくいかもしれないので、症状が改善されなかったり悪化したりするのならば早めに皮膚科を受診するべきです。

皮膚科で専門医の診察を受け、自分の肌質に合う塗り薬を処方してもらって対処してください。

 - 背中ニキビと関係のある症状