背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

日焼けが原因の背中ニキビ

   

hiyake

海水浴やプールといった場所に出掛ける機会の多い夏場は、日焼けが原因で背中ニキビが引き起こされやすくなります。

夏場以外では背中は下着や衣類に覆われており、太陽の紫外線が直接当たることはありません。

しかし、夏場に水着を着たりノースリーブの衣服を着用したりすれば背中は無防備な状態となり、紫外線による日焼けが原因で背中ニキビが肌に形成されるのです。

日焼けした肌は軽い火傷を負った状態となり、表面の角質は分厚くなって水分が失われ、乾燥してパサパサになります。

肌の水分が逃げてどんどん乾燥すれば毛穴が細くなり、分泌された皮脂が詰まりやすくなって背中ニキビを引き起こす原因となるのです。

それに、紫外線に当たった肌はシミやシワといった老化を引き起こす活性酸素を多く生み出すため、日焼けが良くないと言われているのかもしれません。

背中ニキビにしても色素沈着しても美容に大ダメージを与えることは間違いないため、できる限り夏場は日焼けしないようなケアを行わなければならないのです。

「太陽の紫外線には殺菌効果があるから日焼けすればアクネ菌を減らして背中ニキビを予防できる」という意見が出回っております。

確かに、アクネ菌の増殖は背中ニキビの大きな原因ですが、紫外線に当たらなくても皮膚を清潔に保って保湿していれば無駄に増えることはないはずです。

むしろ、紫外線の殺菌作用よりも、日焼けによって肌が受けるダメージの方が圧倒的に大きいので、肌の老化を予防するためにも夏場は特に念入りなUV対策を行った方が良いでしょう。

日焼けすれば必然的に汗をかき、衣服の中で蒸れれば雑菌が増殖して背中ニキビが形成されやすくなります。

以上のことから、乾燥肌や敏感肌の人ではなくても、肌トラブルを未然に予防するためにUV対策を行うべきです。

そこで、以下ではどのような日焼けケアが適しているのか説明しているので、美肌を維持するためにも実践してみてください。

・肌への負担が極力少ない日焼け止めを塗る
・UVをカットする素材のシャツを着用する
・肌に潤いを与えて保湿する
・夏場にノースリーブやタンクトップを着用しないようにする
・UVをカットするスプレーを利用する

背中ニキビを予防するだけではなく、日焼けケアとしても肌の保湿は欠かせない要素の一つなので、当サイトでご紹介しているジュエルレインがおすすめです。

肌へと潤いを与えるヒアルロン酸を中心とした美容成分が配合されているので、是非一度定期コースでジュエルレインを購入してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビの原因