背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビをホルモン治療で

   

背中ニキビを治す方法の一つがホルモン治療で、ホルモンバランスの崩れに焦点を当てております。

女性は特に更年期や生理によってホルモンバランスが乱れやすく、これが原因で背中ニキビやデコルテニキビなど肌トラブルが頻発しやすいのです。

そこで、低用量ピルなど女性ホルモンを補う飲み薬を服用するのがホルモン療法で、専門医の指示によって異なるものの、大よそ3ヶ月程度を目安にして服用していきます。

ホルモン治療によってホルモンバランスが整えば、過剰になった皮脂分泌が抑制され、毛穴詰まりを予防してくれるので背中ニキビが形成されにくくなるのです。

背中ニキビが改善したら、そのまま飲み続けなくても内服薬を中止できますし、ステロイド剤のようにリバウンドが引き起こされることもありません。

もちろん、素人では正しい判断を下すことができないので、内服薬を飲み続けるのかやめるのかといった判断は専門医に任せるべきです。

ホルモン治療で使われる薬剤は低用量ピルがメインで、ケミカルピーリングやレーザー治療と比較して、治癒率が高く再発率も低いと言われております。

それに、内服薬なので背中ニキビだけではなく、頬ニキビやデコルテニキビなど、効果が全身に及ぶという点がホルモン治療の最大のメリットなのではないでしょうか。

低用量ピル以外にも男性ホルモンを抑えて皮脂の分泌を抑制する疑似ホルモンとしてイソフラボンやエストロンが挙げられ、ニキビ治療として取り入れられております。

また、皮脂の分泌だけではなく毛包の角化を抑えるのも背中ニキビの予防として大事で、そのためにはアンドロゲンと呼ばれるホルモンの産生を抑制しなければならないのです。

そのための内服薬が「スピロノラクトン」「性腺刺激ホルモン放出アゴニスト」「フルタミド」「5αリダクターゼ阻害剤」「酢酸シプロテロン」「糖質コルチコイド」などで、医療機関で処方されております。

現在では個人輸入代行業者を利用し、インターネット通販のような感覚で海外の医薬品を入手できるようになりました。

AGAの治療薬のプロペシアやミノキシジルも個人輸入で入手でき、医療機関を受診しなくても自宅で治療を始められるのです。

しかし、間違った方法でホルモン治療を行うと、逆にホルモンバランスが乱れて不快な症状が引き起こされやすくなります。

背中ニキビを治すどころか別の症状で悩まされる可能性も十分にあるため、専門医の指示に従って治療を進めていくようにしてください。

 - 背中ニキビを病院で