背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

ホルモンが原因の背中ニキビ

   

背中ニキビの有力な原因だと考えられているのが男性ホルモンで、男性の身体にも女性の身体にも分泌されております。

男性は精巣から、女性は卵巣から男性ホルモンのテストステロンが分泌され、皮脂分泌を加速させて角質を分厚くする作用があるのです。

つまり、男性ホルモンが過剰に分泌されれば皮脂が毛穴の中に詰まりやすくなり、背中ニキビの原因に繋がるというメカニズムはお分かり頂けるかもしれません。

しかも、皮脂の分泌を促すだけではなく、角質層の柔軟性を奪って角栓を発生させる作用もあるため、余計に毛穴詰まりが引き起こされやすくなります。

思春期は特に男性ホルモンの分泌量が増すという特徴があり、ホルモンバランスの変化によって皮脂の量が増えるので、鼻ニキビや頬ニキビ、背中ニキビなど肌トラブルの原因に繋がりやすいのです。

とは言え、皮脂は毛穴から排出されるため、入浴の際に背中を綺麗に流して清潔さを保っていれば、皮脂が毛穴に詰まってコメドが形成され、背中ニキビができるという状態を回避できるでしょう。

男性ホルモンの影響によって皮脂が増えたとしても、乾燥して硬くなった角栓のコメドが毛穴の中で作られなければ背中ニキビの症状が悪化する心配はないのです。

しかし、コメドを放置していると皮脂が上手く排出されず、雑菌が繁殖して肌が炎症を起こすので十分に注意しなければなりません。

あまりにも分泌された皮脂を取り除きすぎていると今度は乾燥が原因で背中ニキビが作られやすいので、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使用するべきです。

肌に潤いを与えてバリア機能を強化する働きがあるので、背中ニキビで悩む人はジュエルレインを毎日のスキンケアに取り入れてみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、ニキビ外来を設置しているクリニックではホルモンバランスを整えるような治療が行われており、男性ホルモンを減少させることで背中ニキビの発生を食い止められます。

セルフケアと比べて短期間で背中ニキビの対策ができますし、肌の生まれ変わりのターンオーバーも正常化されるので、新しく発生する背中ニキビの予防にも繋がるのです。

ただし、思春期は成長する過程で男性ホルモンの分泌量が増しており、それをホルモン治療で無理に抑えていると思わぬトラブルが引き起こされるかもしれません。

ニキビや吹き出物にとっては男性ホルモンは厄介な存在かもしれませんが、男性にとっても女性にとっても生きていくために欠かせない働きをしているのです。

そのため、薬で無理に男性ホルモンを抑えるのではなく、ストレスや睡眠不足といった緊張状態を防ぎ、自律神経の交感神経が優位にならないような対策が適しております。

交感神経が優位になると男性ホルモンの分泌量が増すため、リラックスを司る副交感神経が夜にきちんと優位になるように規則正しい生活習慣を送るようにしてください。

 - 背中ニキビの原因