背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを放置するとどうなるの?

   

私たちの肌には自然治癒力が備わっており、傷が形成されても時間の経過によって元通りになります。

この原理と同じように背中ニキビも軽い症状ならば、放置していても自然と治るかもしれません。

背中は自分の目で確認することが難しい部位の一つで、背中ニキビがポツっと形成されていても、気付かないうちに消えていたケースも十分にあり得ます。

しかし、背中ニキビの放置によって炎症や化膿が加速し、肌にニキビ跡が形成されることもあるため、できる限り早めに対処した方が良いのです。

背中ニキビを放置して悪化するまでの段階は幾つかあり、最初は皮脂が毛穴の中に詰まっただけのコメドや角栓と呼ばれる状態になります。

「白ニキビ」や「黒ニキビ」とも呼ばれており、そこまで症状は進行していないため、毎日のスキンケアに気を配っていれば回復するはずです。

放置だけならばまだしも、この状態で背中を不衛生な状態で保ったり乾燥した状態が続いたりしていると、炎症を繰り返して赤ニキビへと変化していきます。

その後、次第に患部が膿を持つようになって黄ニキビへと変化し、色素沈着タイプやクレータータイプのニキビ跡が肌に残るため、最悪な状態を回避するためにも放置してはいけないのです。

背中ニキビの初期症状ならば無理に医薬品の力に頼らなくても、肌へと潤いを与えて保湿ケアを行うだけで症状の悪化を食い止められます。

当サイトでは、美容成分で肌を保湿して背中ニキビを治すジュエルレインをご紹介しているので、是非一度使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、上記でもご説明したように背中ニキビを放置すると大変なことになるかもしれないので、正しい身体の洗い方くらいは心得ておくべきです。

仮に肌に背中ニキビが形成されていても、清潔第一という点では変わりないため、お風呂で丁寧に洗って汚れを落とす必要があります。

ただし、毛穴の中の汚れを除去したいからといって必要以上にゴシゴシと洗っていると、肌に必要な皮脂まで取り去って乾燥が促されるので注意が必要です。

特に、ナイロンやポリエステルといった化学繊維で作られたボディタオルは刺激が大きいため、手の平で洗うか天然繊維で作られたタオルやスポンジを利用しましょう。

放置せずにこのようなケアを毎日続けていれば、白ニキビや黒ニキビが肌に形成されても、炎症を伴った赤ニキビへと変化していくことはないはずです。

もちろん、セルフケアでは解決できないほど進行しているのならば、早めに皮膚科を受診して適切な治療を受けてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ