背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとヒアルロン酸

   

女性にとって馴染みの深い美容成分の一つがヒアルロン酸で、私たちの体内でも生成されております。

ヒアルロン酸は1gで水6リットルに当たる保湿力を持ち合わせており、乾燥を防いで肌のハリや弾力を保つために欠かせない存在なので、背中ニキビとも密接な関係性があるのです。

潤い成分や保湿成分の代表格とも言われているのがこのヒアルロン酸で、真皮のコラーゲンやエラスチンの間に存在しております。

このヒアルロン酸は加齢とともに体内から減少していくという特徴があり、水分を保持する力が低下して肌の表面が乾燥してしまうのです。

背中ニキビの原因の一つが肌の乾燥で、皮膚が硬くなって分泌された皮脂が毛穴の中に詰まりやすくなるため、ヒアルロン酸が重要な成分なのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

ヒアルロン酸を生成しているのは繊維芽細胞で、年齢を重ねるにつれて数が減少したり働きが低下したりするからこそ、加齢によってヒアルロン酸が減って肌の弾力やハリがなくなるという状態に陥るのです。

食品で補っても体内のヒアルロン酸の生成量が変化するわけではありませんが、この成分が含まれた化粧品でスキンケアを行えば潤いを与えて保湿効果を促せるのは間違いありません。

当サイトでご紹介している背中ニキビ専用ケアグッズのジュエルレインの中にも、保湿に欠かせないヒアルロン酸が含まれております。

手の平全体を使用し、手の温かさを利用して塗布すれば浸透力が上がって得られる効果が高まるので、背中ニキビや吹き出物といったトラブルを改善するためにジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、上記でヒアルロン酸は美容に欠かせない成分だとお分かり頂けたかもしれませんが、間違った使い方をしていると逆に背中ニキビができる原因となります。

美容液やクリームを肌に塗布する量が多いほど得られる効果が比例して高まるのではなく、肌の表面がベタベタとして薄皮が剥がれ、皮脂分泌が上手く作用しなくなるのです。

皮脂が不足すれば乾燥しますし、アクネ菌といった雑菌も増殖しやすくなるため、ヒアルロン酸が含まれた化粧品を使用する際は使用量を守りましょう。

トラブルや刺激に強い健やかな肌を作るためには、正しい方法で化粧品を使い続けなければならないのです。

また、ヒアルロン酸はニキビそのものではなく、肌に形成されたニキビ跡の改善にも効果が期待できます。

実際に、美容皮膚科ではヒアルロン酸注射が実施されており、患部に直接成分を注入することで毎日のスキンケアでは改善できないニキビ跡を解消できるのです。

現在では医療の技術は大幅に発達しており、痛みなくヒアルロン酸注射を受けられるので、肌の凸凹やシミを治すために医療機関での施術を選択肢の一つとして考えてみてください。

 - 背中ニキビと関係のある成分