背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すハイドロキノン

   

背中ニキビを治すために、ハイドロキノンクリームを使っている方は数多くいらっしゃいます。

美白作用が強く、「肌の漂白剤」とも言われているクリームなので、背中ニキビではなくニキビ跡の治療の方が向いているかもしれません。

それでも、背中ニキビの症状が悪化して色素沈着のシミが肌に形成されている方は多く、何も対処せずに放置していると次第に悪化していきます。

そのため、シミのない綺麗な美肌を手に入れるためにも、ハイドロキノンクリームを使ってみるのは選択肢の一つです。

ニキビ跡治療やシミ治療に用いられるハイドロキノンには、主に以下のような作用が期待できます。

・メラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを抑える
・メラニン色素を作る細胞のメラノサイト自体を減少させる
・メラニン色素を淡色化させる

美白に効き目がある成分と聞くと、多くの女性はビタミンC誘導体をイメージするかもしれません。

確かに、ビタミンC誘導体は化粧水や美容液といった化粧品の中に配合されており、コラーゲンの生成を促したり、老化を引き起こす活性酸素を抑える作用があります。

しかし、既に肌に形成されたシミの除去に関しては大きな効果が得られないため、色素沈着タイプの背中ニキビ跡にはハイドロキノンクリームのような医薬品の使用が最適なのです。

また、ハイドロキノンだけではなく、トレチノインを併用すると背中ニキビの治療効果がアップします。

美白作用もアップするため、鼻や脇の下の黒ずみで悩まされている女性にもおすすめの治療法なのではないでしょうか。

ただし、ハイドロキノンは化粧品ではなく医薬品の一種ですし、炎症や赤み、痒みや白斑といった副作用のリスクがあります。

特に、「高濃度のハイドロキノンを使用している」「長期間に渡ってハイドロキノンを使っている」という方は、白斑を中心とする副作用で悩まされやすいので、医師の指示に従ってニキビ跡の治療を進めるべきです。

事前に医師から詳しく説明を受けるはずですが、ハイドロキノンは以下のように正しい使い方を実践する必要があります。

①お風呂で肌の汚れを綺麗に洗い流す
②保湿力の高い化粧水や美容液を塗布する
③色素沈着が生じている部分に適量を薄く塗り広げる
④肌がカサカサしやすい方は保湿クリームを塗布して完了

メラニンはシミを作る原因となるため、美肌を保ちたいと考える女性にとっては無駄な存在だと考えるかもしれません。

しかし、実は太陽の紫外線のダメージから肌細胞を守る働きを持ち合わせており、ハイドロキノンの効果でメラニンが少なくなれば刺激を受けやすくなります。

そのため、ハイドロキノンで治療中の方は、夏場は特に念入りなUV対策を行うようにしてください。

 - 背中ニキビを治す薬