背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

遺伝が原因の背中ニキビ

   

背中ニキビは遺伝が原因で引き起こされるケースもあり、ニキビや吹き出物が形成されやすい体質の親から生まれた子供は、将来的に同じように肌トラブルで悩まされるリスクは高まります。

もちろん、背中ニキビ自体が遺伝によって子供に受け継がれ、肌トラブルを抱えたまま生まれるわけではありません。

「太りやすい体質」「背が低い」「髪質が硬い」といった身体的な特徴が引き継がれるように、ニキビになりやすい体質が親から子へと遺伝するのです。

その具体的な体質としては以下が挙げられます。

・親が脂性肌で生まれてきた子供も皮脂の分泌量が多い
・毛穴の小ささが遺伝によって受け継がれて皮脂や汗が詰まりやすい
・新陳代謝が生まれつき悪く肌のターンオーバーが正常に行われない

以上のような条件が合致している人は背中ニキビができやすい体質だと考えられ、先天的に遺伝で決まる要素が強くなっております。

つまり、「親が脂ギッシュだから自分も背中ニキビが形成されやすい」「両親がクレーター肌だから自分にもニキビ跡ができやすい」という考えは決して間違いではないのです。

とは言え、背中ニキビが引き起こされやすい肌質は赤緑色覚異常や血友病のような遺伝病ではないので、毎日のスキンケアや生活習慣の見直しで十分に改善できます。

確かに、遺伝病は遺伝子異常や染色体異常を子供が持っている時点で先天的に罹患するため、現代医学では完治は見込めません。

その点、背中ニキビは毎日のスキンケアに気を配れば遺伝で引き起こされやすい体質でも十分に予防できるので、当サイトでご紹介しているジュエルレインをおすすめします。

背中だけではなく二の腕や太もものブツブツといった肌トラブルにも効き目がある美容ジェルなので、一度通販でジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、遺伝によって背中ニキビの症状が悪化すると、「もうどうしようもないのではないか?」とショックを受ける方は多いのではないでしょうか。

しかし、現代では医学的にニキビ薬や治療方法が進歩しており、医療機関で肌トラブルを治す技術も飛躍的に向上しました。

ニキビケアのための化粧品やサプリメントで改善できなかったとしても、皮膚科で塗り薬のディフェリンを処方してもらったり、消えにくいニキビ跡をレーザー治療で治したりと、様々な選択肢があります。

そのため、「体質だから」「遺伝だから」と諦めるのではなく、今の自分にできる背中ニキビの対策を根気良く行うべきです。

ただし、厳密には遺伝だとは言えませんが、親が間違った生活習慣を送っており、その癖があなたにもついていると背中ニキビが形成されやすくなります。

睡眠不足や食生活の乱れは背中ニキビを悪化させる原因なので、ニキビのできやすい体質かどうかに関わらず、今直ぐに見直してみてください。

 - 背中ニキビの原因