背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビが痛い時は?

   

「毛穴を清潔に保つ」「肌に潤いを与えて保湿する」というケアを心掛けていれば背中ニキビを予防できます。

しかし、毎日のスキンケアを丁寧に行っていても背中ニキビが肌に形成されることはありますし、痛いと感じるようになったら要注意です。

椅子の背もたれに寄りかかったり下着が擦れたりして痛いと感じたら、炎症や化膿が引き起こされている可能性が高くなります。

背中ニキビに限らず頬や顎、おでこといった部位に形成される吹き出物にも該当する話ですが、基本的にいきなり症状が悪化して炎症や化膿を起こすことはありません。

最初は皮脂が毛穴に詰まった段階の白ニキビや黒ニキビの状態で、見た目もポツっと赤いブツブツが形成されているだけですし、痛いと感じることはないはずです。

この状態を放置しているとアクネ菌やブドウ球菌といった雑菌が繁殖し、炎症を起こして赤ニキビへと発展していき、次第に些細な刺激で痛みを感じるようになります。

つまり、背中ニキビが赤い場合は、「白ニキビ」⇒「黒ニキビ」⇒「赤ニキビ」と症状がどんどん重くなっていると自覚した方が良いのではないでしょうか。

「これ以上背中ニキビを増やさない」「これ以上背中ニキビを悪化させない」というケアだけではなく、炎症を抑えて痛みを取り除くような処置も同時に行わなければならないのです。

あまりにも炎症や化膿が酷いのならば皮膚科を受診した方が良いかもしれませんが、当サイトでご紹介している背中ニキビ専用のジュエルレインでも十分に対処できます。

ヒアルロン酸とコラーゲンのダブルの潤い処方によって肌の修復を行ってくれるので、是非一度ジュエルレインを使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、痛いと感じるような背中ニキビが肌に形成されている時は、皮膚科を受診して自分の肌質に合った治療薬を処方してもらうのがベストです。

背中ニキビを治す治療薬としては、抗生物質や抗炎症剤、皮脂分泌抑制剤や抗ニキビ剤などが用いられます。

薬の種類によって炎症を和らげる強さは大きく異なり、自分の肌質とマッチしたものを使わなければ意味がないため、自己判断で決めるのではなく皮膚科を受診して専門医の診察を受けた方が良いのです。

それに、自分では背中ニキビが肌に形成されていると考えていても、赤く腫れてブヨブヨした状態になる「おでき」、硬めのしこりが形成される「粉瘤(ふんりゅう)」、ブツブツと激痛が走る「ヘルペス」といった皮膚の病気の可能性もあります。

そもそも、身体に痛みが生じているということは、異常のシグナルだと考えられるので、放置せずに正しい治療を病院で受けるようにしてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ