背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

ジュエルレインの使い方・塗り方

   

ジュエルレインは塗り薬ではなく化粧品なので、特に明確に使い方が定められているわけではありません。

それでも、塗り方が間違っていると本来の効果が得られませんし、背中ニキビの改善に繋がらないかもしれないので、正しい使い方を事前に把握しておかなければならないのです。

そこで、まず最初にジュエルレインを使い始める前に、パッチテストを行いましょう。

ジュエルレインは全ての肌質の女性が安心して背中ニキビを治せるように、合成香料や着色料、紫外線吸収剤やパラベンといった肌に刺激の加わる添加物は全て排除されております。

しかし、植物成分で構成された無添加のジェルでも、個人の肌質によって合う合わないはあるため、ジュエルレインを塗る前にパッチテストを行っておくのが正しい使い方なのです。

ジュエルレインに限らず、植物由来の化粧品でもでもアレルゲンとなる成分が含まれていると肌の赤みやヒリヒリ感が引き起こされるかもしれないので、二の腕など柔らかい部分に10円玉サイズで薄く塗って24時間程度放置してみてください。

その後に、以下のような塗り方で背中やデコルテなど、肌荒れが気になる部分に塗布していきます。

①手を洗って清潔な状態を保つ
②背中を優しくウエットティッシュで拭く(お風呂に入って身体を洗うのもOK)
③背中の水分が乾いてから適量のジュエルレインを肌に塗布する
④少量を肌へと薄く伸ばすように馴染ませていくのがポイント
⑤ジュエルレインが乾いてから衣服を着る
⑥この繰り返しを朝と晩の1日に2回に渡ってケアする

上記がジュエルレインの正しい使い方で、肌へと潤いが加わって肌トラブルを改善へと導いてくれます。

手の平全体を使ってジェルを温めながら肌へと優しく塗るのが効果的で、より潤いを感じられるはずです。

「肌にたくさん塗った方が効果的なのではないか?」と考える女性は多いかもしれません。

しかし、あまりにも大量に塗っていると肌がベタベタして逆効果ですし、量に比例して効果が高まるわけではないので、適量を薄く伸ばしながら塗布するのが正しい使い方なのです。

背中ニキビが形成されている状態は肌が悲鳴を上げており、そのまま放置すれば症状が悪化してニキビ跡が形成されることもあります。

ブツブツと肌に形成された背中ニキビならばまだしも、ニキビ跡へと発展するとセルフケアでは改善が難しいので、早めにジュエルレインを使って適切な処置を肌へと施すようにしてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - ジュエルレインについて