背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビ跡を自力で完治できる?

   

「背中ニキビ跡は自力で完治できるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、医療機関でケミカルピーリングやレーザー治療を受けるのが背中ニキビ跡の一般的な治し方ですが、以下のようなデメリットがあるのです。

・保険が適用されないので高額な費用を支払わなければならない
・定期的にクリニックへと通い続けなければならない
・ケミカルピーリングでもイオン導入でも1回では大きな効果が得られない
・背中ニキビ跡を100%治せるとは限らない

一度の治療では変化が得られないことも多く、基本的には複数回に渡って処置を受け、背中ニキビ跡を改善していく形となります。

しかも、100%背中ニキビ跡を医療機関で治せるとは限らないので、時間とお金を無駄にしないためにも自力で何とかしたいと考える人が多いのです。

背中ニキビ跡を自力で治せないというわけではありませんし、長い時間はかかるかもしれませんが、ゆっくりと回復させることは十分にできます。

そこで、既に形成された背中ニキビ跡を完治へと導くために、以下のようなセルフケアを行ってみましょう。

 

美容成分が配合されたスキンケア用品で保湿を行う

美容成分が配合されたスキンケア用品を使用し、肌へと潤いを与えて保湿を行うのは背中ニキビ跡の完治に欠かせない処置となっております。

潤いを与えて保湿すれば肌を柔らかく整えられますし、美白ケアのための成分も浸透しやすくなるのです。

特に、美白に欠かせないビタミンC誘導体が含まれた化粧品が最適で、この成分は抗酸化作用を持ち合わせているため、肌の炎症を和らげたり色素沈着を改善したりしてくれます。

外側からの補給だけではなく、身体の内側からビタミンCといった美容に欠かせない栄養素を取り入れるのも良いかもしれません。

当サイトでは、美容成分がたっぷりと含まれたニキビ跡解消のためのローションのリプロスキンをご紹介しているので、是非一度使ってみてください。
 

>>> リプロスキンの詳細はこちら

 

肌のターンオーバーを促す

上記で説明した内容と少々被るものの、背中ニキビ跡を自力で完治させたいのならば、肌のターンオーバーを促すことに焦点を当てる必要があります。

正常なターンオーバーに整えていくためには、肌の古くなった角質を除去するピーリング石鹸の使用が最適です。

また、毎日の睡眠で成長ホルモンを分泌させるのも大事な要素の一つで、夜の10時から深夜の2時のゴールデンタイムに眠れるような生活を心掛けましょう。

 

 

もちろん、背中ニキビ跡が形成されてから何かしらの対処を行うのではなく、背中ニキビが肌へと形成されないような対策も必要です。

「肌への刺激を避ける」「スキンケアで潤いを与える」「天然素材の衣類や下着を着用する」「不潔な手で背中を触らない」という点に気を配り、背中ニキビを予防してみてください。

 - 背中ニキビの跡