背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

カビが原因の背中ニキビ

   

汗をかきやすい夏場になると知らず知らずの間に背中ニキビが形成され、「水着を着れない」「肌を露出する衣服を着れない」ということで悩む女性は多いかもしれません。

しかし、皮脂の過剰分泌が原因で引き起こされる背中ニキビではなく、カビの一種のマラセチアが引き金のマラセチア毛包炎の可能性があります。

私たちの皮膚に常在しているカビの一種がマラセチア菌で、以下のようにたくさんの種類が存在しているのが大きな特徴です。

マラセチア・ダーマティス
マラセチア・ファーファー
マラセチア・シンポディアリス

これらのカビは人間の皮膚に分泌される皮脂を好むという特徴があるため、汗をかきやすい夏場に発症する可能性が高くなっております。

人間の毛穴の中で増殖を繰り返し、異常繁殖が直接的な原因となって背中にニキビのようなブツブツが形成されるのです。

マラセチア毛包炎は背中ニキビとは異なり、痒みや痛みを伴わないケースが多いため、放置したことが原因でニキビ跡が形成されることも少なくありません。

カビが原因のブツブツは背中ニキビのように見えるため、ステロイドやニキビ専用の軟膏を塗布している方は多いはずです。

しかし、症状が良くなったと感じても、一定期間を経て再発しやすく、セルフケアを行うよりも医療機関で専用の治療を受けた方が良いでしょう。

軽度の背中ニキビであれば自然治癒することもあるのに対して、カビが原因のマラセチア毛包炎は自然と治りにくい皮膚炎なので、皮膚科を受診して正しい治療を受けるのがベストです。

皮膚科では最初に顕微鏡を使った検査が行われ、マラセチア毛包炎だと診断されればイミダゾール系の抗菌力のある外用薬や、内服薬のイトラコナゾールが処方されます。

専門医の指示に従って用法と用量を守ってこれらの医薬品を使っていけば、比較的短期間でカビが原因の肌のブツブツを解消できるはずです。

また、ストレスや睡眠不足もカビを増やす原因の一つなので、医薬品だけに頼るのではなく生活習慣の見直しも同時に行った方が良いかもしれません。

他にも、通販ではコラージュフルフルといったマラセチア菌を予防する石鹸やシャンプー剤が販売されており、汗をかきやすい夏場に使用するのは選択肢の一つです。

もちろん、背中ニキビと同じように乾燥を予防するスキンケアも毎日の中に取り入れなければならないので、潤いを肌へと与えるという意味で当サイトでご紹介しているジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビの原因