背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

カミソリが原因の背中ニキビ

   

kamisori

水着や背中の空いた衣服を着る際は、薄い産毛でも目立ってイメージが悪くなるため、カミソリを使って自己処理を行っている女性はいらっしゃるはずです。

自分でカミソリを使ってムダ毛の処理はできなくても、誰かに手伝ってもらえば綺麗に剃って美しい背中を維持できます。

しかし、カミソリを使ったムダ毛の処理が原因で背中ニキビが形成されやすく、特に肌質が弱い方は注意が必要です。

背中は顔よりも皮膚が厚いものの、頻繁にムダ毛の処理をしていればカミソリ負けし、肌が大きなダメージを受けることで背中ニキビが引き起こされる原因となります。

綺麗に剃れなかったり剃り残りが生じたりというケースは意外と多く、「肌から血が出た」「肌が赤くなった」「肌が炎症を起こした」というトラブルに見舞われてしまうのです。

家族や友人に手伝ってもらうのならばまだしも、自力でカミソリを使って背中の産毛を剃るのは危険ですし、間違った方法を続けているとムダ毛と一緒に角質も削ってしまいます。

確かに、肌の無駄な角質が毛穴に詰まることで背中ニキビが形成されるので、カミソリで表面を綺麗に剃った方が良いのではないかと考える方はいらっしゃるかもしれません。

しかし、角質は外部の雑菌から肌を守り、水分を保って保湿する効果があるため、ムダ毛を何回にも渡って処理していれば細菌に感染しやすくなり、アクネ菌が毛穴に入り込んで背中ニキビが形成されます。

最も簡単で格安の脱毛方法がカミソリの使用ですが、皆さんの想像以上に肌へと加わる刺激は強く、色素沈着や黒ずみの原因ともなるので背中専用のシェーバーを使いましょう。

事前に除毛クリームを塗布して肌を保護し、カミソリよりも負担の少ない背中専用のシェーバーを使って産毛を処理していれば背中ニキビや黒ずみといった肌トラブルを予防できます。

そして、ムダ毛を処理した後に保湿作用や抗菌作用のあるジェルを塗布するような念入りなお手入れを行っていれば、美容に大きなダメージが加わることはないはずです。

通販では、背中のムダ毛を一人で処理できる「Sラインシェイバー」や、長さの調整ができる「マングルーマー電動バックシェーバー」が人気を得ております。

とは言え、自分の目で確認しながら剃ることは難しいので少なからず危険性はありますし、剃った後のケアを怠ると肌トラブルの原因となるので、背中の産毛の処理は脱毛サロンを訪れてプロに任せるようにしてください。

 - 背中ニキビの原因