背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治す漢方薬

   

背中ニキビを治すために、漢方薬を使ってみるのは一つの選択肢かもしれません。

背中ニキビは肌を不衛生に保ったことが原因で、汚れや皮脂が毛穴に詰まり、雑菌が繁殖して炎症を起こすことで悪化していきます。

しかし、個人によっては食生活の偏りやホルモンバランスの乱れで症状が進行しやすく、漢方薬で身体の内側から体質改善を図った方が良い場合もあるのです。

「高価な化粧品を使っても背中ニキビが消えない」「毎日のスキンケアでは症状が回復しない」という方は、自分の体質に合った漢方薬を服用してみましょう。

今まで塗り薬を長期間に渡って使用し、背中ニキビを改善できなかったという方でも、漢方薬を服用し始めてから徐々に良くなったというケースは十分にあり得ます。

そこで、背中ニキビの改善のためにどのような漢方薬を服用すれば良いのか以下では説明しているので、是非参考にしてみてください。

 

<清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)>
炎症を引き起こした背中ニキビで悩んでいる方には、余分な熱を取り去って膿を排出し、皮膚の痒みを和らげるような漢方薬が適しております。

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)がその効能を持ち合わせており、皮膚病の病因を発散させる働きもあるのです。

ただし、「胃腸が弱い」「食欲不振が起こりやすい」「下痢で悩まされやすい」という方には向いていないので注意しなければなりません。

 

<十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)>
十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は背中ニキビだけではなく、お尻ニキビの改善としても適した漢方薬です。

日本人が江戸時代に処方したのが始まりと言われているほど歴史が深いのが大きな特徴となっております。

脂肌と乾燥肌が共存する人に用いられることが多く、皮膚の痒みが強い方にもおすすめです。

 

<当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)>
血行不良で栄養素が肌に行き渡りにくいタイプの方は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の服用が最適です。

冷え性で悩んでいる女性にもおすすめで、女性ホルモンや自律神経の乱れを整える働きも持ち合わせております。

 

<黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)>
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)には、身体の熱や炎症を取り除く作用があります。

血圧が高めの人に向いているものの、身体を冷やす作用があるので冷え性で悩む女性は服用を避けるべきです。

 

 

上記のような漢方薬が背中ニキビには適しており、身体の内側から血行不良を改善したり、ホルモンバランスを整えたりすることで肌力をアップさせていきます。

ただし、どの漢方薬が体質的に合っているのか素人では判断できないので、専門医や薬剤師の説明を必ず受けてください。

 - 背中ニキビを治す薬