背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

乾燥が原因の背中ニキビ

   

kansou

「脂が浮いている状態だから背中ニキビが形成される」「皮脂が過剰に分泌されているから毛穴に詰まって背中ニキビができる」と考えている方はいらっしゃるかもしれません。

しかし、大人になって背中ニキビの症状が悪化した場合、皮脂の過剰分泌ではなく乾燥が原因の可能性があります。

肌の角質層の水分が不足して乾燥状態に陥っていると、肌は刺激から守るために余計に皮脂を分泌させるという特徴があるのです。

正常な肌は脂分が全くない状態ではなく、適度に皮脂が分泌されて肌を保護しております。

背中に限らず他の皮膚にも同じようなことが言えますが、皮脂は無駄な存在ではなく、紫外線や細菌といった刺激から守る重要な働きを担っているのです。

もし、何かしらの要因で肌が乾燥してドライスキンになれば、肌のバリア機能が低下したり角質が分厚くなったりして毛穴が細くなり、少ない皮脂でも詰まりやすくなって背中ニキビの原因となります。

「皮脂の分泌が増える」「毛穴が細くなって詰まりやすくなる」という2つの理由により、乾燥によって背中ニキビの症状が悪化しやすいのです。

恐らく、10代の思春期の人が引き起こす背中ニキビは皮脂の過剰分泌が原因なため、20代になっても同じようなケアを続け、だんだんと肌が乾燥して症状が酷くなっているのではないでしょうか。

顔の保湿は一生懸命でも、背中も同じように潤いを与えて乾燥を防いであげなければならないため、当サイトでご紹介しているジュエルレインの使用をおすすめします。

ジュエルレインは既に形成された背中ニキビを治すだけではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンによって肌の保湿を促してくれるジェルなので、毎日のスキンケアとして取り入れてみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、乾燥が原因で背中ニキビが形成されたり悪化したりするということで、驚いた方は少なからずいらっしゃるはずです。

脂性肌の方でも無闇に皮脂を取り除いていると背中が乾燥し、以前よりも皮脂の分泌量が増して背中ニキビが形成されやすくなります。

乾燥は肌にとって大敵なのは間違いないので、刺激成分の少ないボディソープを使って身体を洗ったり、お風呂から上がった後に念入りに保湿ケアを行うべきです。

既に背中ニキビが形成されている人は肌が非常に傷みやすくなっており、刺激を受けやすい状態なので、自然素材のボディタオルで優しく洗うようにしましょう。

「背中の汚れを落としたい」ということで、化学繊維の素材で構成されたナオロンタオルなどでゴシゴシと洗っていると、余計に乾燥は進んでいきます。

そして、お風呂から上がった後に背中の肌へと潤いを与えるために、ノンオイルローションやアミノ酸配合の化粧水などを使ってみてください。

 - 背中ニキビの原因