背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと肩こり

   

katakori

首から肩にかけて重くて不快感や痛みを伴う症状が肩こりで、パソコンを使用する機会の多い現代人は非常に悩まされやすくなっております。

実は、肩こりと背中ニキビには関係性があり、毎日のスキンケアを丁寧に行っているのにも関わらず肌トラブルが改善されないという女性は、肩こりが原因かもしれません。

背中の肩甲骨まわりや肩まわりの血流が悪化している時に肩こりは引き起こされやすく、栄養素が全身を巡らなくなるので代謝が低下します。

つまり、血行不良によって栄養素が行き渡りにくい状態となっているため、皮膚細胞が回復できずに背中ニキビといった肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

肩こりが直接的な要因になっているわけではありませんが、血流の悪化によってターンオーバーの周期も乱れやすく、古い角質が毛穴に詰まりやすくなります。

古い角質や皮脂の毛穴詰まりも背中ニキビの大きな原因の一つなので、美肌を維持したいのならば肩こりや首こりといった症状にも注意しなければならないのです。

肩こりの原因としては以下が挙げられます。

・長時間に渡るデスクワークによる肩の酷使
・筋肉内の酸素不足による乳酸の溜まり
・猫背などの悪い姿勢
・長時間に渡って冷房の効く部屋で生活したことによる冷え性
・加齢による骨や腱の衰え

上記のような原因で肩こりを引き起こしやすく、高齢者だけに生じる症状ではありません。

確かに、加齢による骨や腱の衰えによって肩こりは生じやすくなるものの、パソコンやスマホを使うことの多い現代人は無意識の内に筋肉を酷使しやすいのです。

冷え性も肩こりの原因で、血行不良によって栄養素が行き渡りにくくなれば肌の新陳代謝が低下し、背中ニキビに悩まされやすい体質になります。

実は、肩こりを感じるのは日本人だけで、中国人や韓国人、欧米人といった外国人の間では肩こりという言葉がないことが分かりました。

しかし、外国人が肩こりという言葉を知ると、その瞬間から感じるようになり、もしかしたら精神的な要素が関係している疾患の可能性は十分にあります。

どちらにしても、血行不良は背中ニキビの原因なのは間違いないので、日常生活に支障を来たさないためにもきちんと解消しなければならないのです。

そこで、慢性的な肩こりを感じている人は、以下のような対策を練ってみてください。

・疲れを感じたら椅子から立ち上がって肩を大きく回す
・椅子に浅く腰掛けて背筋を伸ばして正しい姿勢を保つ
・中指と薬指の付け根のツボを刺激する
・肩の筋肉を揉み解すストレッチを行う
・一日の終わりに入浴してリラックスを促す

適度に刺激を与えるストレッチは、特に肩こりの解消として非常に適しております。

しかし、ピンポイントで強く押しすぎたり何度も繰り返したりすると、筋肉が炎症を引き起こし、血管の損傷に繋がるかもしれないので注意が必要です。

もちろん、肩こりを解消すれば背中ニキビに悩まされなくなるわけではないので、既に肌へと形成されている方は当サイトでご紹介しているジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと関係のある症状