背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビがかゆい時は?

   

肌にポツっと背中ニキビが形成されるだけではなく、かゆい時は早めに対処しなければなりません。

もちろん、かゆみの有無に関わらず背中ニキビは肌トラブルの一つという点では変わりないため、美肌を保つためにも適切なスキンケアを行う必要があります。

しかし、かゆいからといって掻き毟っていると炎症が悪化し、治りにくいクレーターや色素沈着のニキビ跡へと症状が進行することがあるのです。

背中ニキビ跡になれば自宅でのスキンケアでは症状を回復させるのが困難になるかもしれないので、かゆみが酷くなる前に対処する必要があります。

背中ニキビがかゆみを伴う原因は肌の乾燥で、ニキビの刺激と角質層のバリア機能の低下による乾燥が合わさって引き起こされるのが一般的です。

蕁麻疹やアトピー性皮膚炎を併発すれば余計にかゆいという状態に陥りやすく、乾燥を防ぐためにも保湿ケアを念入りに行った方が良いでしょう。

肌へと潤いを与えて保湿されている状態が続けば、自然とかゆみはおさまっていきます。

肌の乾燥を防ぐのは背中ニキビ自体の症状の緩和にも繋がるため、顔の肌と同じように背中もローションやクリームといったスキンケア用品を使って保湿を行わなければならないのです。

背中は自分の目で確認できないため、スキンケアが怠りがちになってしまうかもしれません。

それでは背中ニキビもかゆみも食い止めることができないため、当サイトでご紹介しているジュエルレインの使用をおすすめします。

ジュエルレインは保湿に着目した背中ニキビ専用のコスメアイテムとなっており、ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分がたっぷりと含まれているので、かゆみを抑えるためにも是非一度使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中ニキビは乾燥によるかゆみが合わさり、掻き毟ることで更に悪循環へと陥ります。

そのため、あまりにも肌がかゆい時は自己判断で対処せずに、皮膚科を受診して症状を診てもらった方が良いのではないでしょうか。

「使用しているボディソープが肌に合っていない」「化学繊維の肌着を着用している」「お風呂上りにタオルドライをした後に保湿を行っていない」という原因でもかゆみは酷くなります。

背中ニキビの症状を悪化させている要因が普段の生活に隠れている可能性もあるので、日常生活を送る上でのアドバイスを受けるためにも皮膚科の受診は最適なのです。

また、背中ニキビが原因ではなく、カビの一種の真菌の繁殖が原因で引き起こされるマラセチア毛包炎を発症している可能性もあります。

マラセチア菌が繁殖して皮膚を刺激することで炎症を引き起こし、背中にボツボツが形成されやすくなるのです。

基本的にマラセチア毛包炎はかゆみを伴うことはないものの、放置して自然に治るような皮膚の病気ではないので、病院で抗真菌薬を処方してもらって正しい対処を行うようにしてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ