背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

毛深いと背中ニキビができやすいの?

   

「毛深い体質の人は背中ニキビが肌に形成されやすいの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

背中ニキビの原因は多岐に渡るので一概には説明できないものの、毛深い人はそうでない人と比較して肌トラブルが引き起こされやすいようです。

それは、男性ホルモンのテストステロンが関係しており、毛深い人はこのホルモンの影響で皮脂が分泌されやすい傾向があります。

皮脂が分泌されやすいということは、それだけ毛穴の中に詰まるリスクが高く、肌を不衛生な状態で保っていると背中ニキビが形成されやすくなるのです。

皮脂が分泌されやすいのは体質なので仕方がないものの、肌に余分に残されているような状態はなるべく避けなければなりません。

ただし、余分に分泌された皮脂を取り除かなければならないからといって、1日に何回も背中を流したり洗浄力の強いボディソープを使用するのは危険です。

皮脂は自然の保護膜として肌を外部の細菌や紫外線から守る働きをしており、全ての皮脂が取り除かれて乾燥すれば逆に背中ニキビのような肌トラブルが引き起こされる要因になります。

そのため、毛深い毛深くないといった個人の体質に関係なく、肌へと潤いを与えて保湿ケアを行わなければならない点では一緒なのです。

そこで、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌への潤い成分がたっぷりと含まれたジュエルレインの使用をおすすめします。

皮脂の分泌量が多い人でも、肌を保湿したり炎症を和らげたりすれば背中ニキビを改善できるので、ネットの口コミで高い評価を得ているジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、男性ならば多少は毛深くてもあまり気にしないかもしれません。

しかし、女性の場合は大きく異なり、産毛が渦巻いているような状態は絶対に避けたいということで、毛深い人ほど念入りに脱毛処置を行っているはずです。

自分の目では見えにくい背中のムダ毛処理は難しく、間違った処置が原因で背中ニキビのような肌荒れが引き起こされます。

「産毛処理と背中ニキビには関係性がない」と考える女性はいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはないのです。

カミソリや毛抜きといったアイテムを使った脱毛は毛穴にダメージが加わりやすく、無理に剃ろうとして流血するケースもあります。

肌が刺激を受けて乾燥すれば背中ニキビが形成されやすくなるため、毛深い女性はなるべく肌へと負担が加わらない方法でムダ毛処理を行わなければなりません。

自分で処置を施せば、「綺麗に剃れない」「剃り残しが生じやすい」「肌を傷付けやすい」というリスクがあるため、安全を第一に考えるならば脱毛サロンへと足を運ぶのがおすすめです。

特に、既に背中ニキビが肌に形成されている方は、無意識のうちに傷付けて治りにくくなるかもしれないので、脱毛サロンでプロに任せてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ