背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すケラチナミン

   

乾燥した皮膚に塗るためのクリームがケラチナミンコーワ軟膏で、背中ニキビを治す効果があると言われております。

ケラチナミンには皮膚の角質に作用して水分を保つ働きを高めたり、乾燥の原因となるタンパク質を溶かし出したりという働きがあるのです。

背中ニキビは皮脂の過剰分泌だけではなく、肌の乾燥によって症状が悪化するケースは少なくありません。

思春期ニキビならばまだしも、大人ニキビは肌の乾燥が引き金になっても不思議ではないため、乾燥肌で悩む方には特にケラチナミンコーワ軟膏が効き目があります。

皮膚科で処方される塗り薬ですし、医薬品というよりも化粧品のクリームのような形で使えるため、特に違和感を感じることはないはずです。

ケラチナミンが角質に水分を保たせてくれるのは、主成分の尿素が水分とくっ付きやすい性質を持ち合わせているからで、肌の保湿効果を促すことができます。

尿素は私たちのおしっこの中に含まれている成分ということで、「そんなものを肌に塗布して大丈夫なのか?」「逆に肌トラブルが引き起こされるのではないか?」と不安を抱える方は多いのではないでしょうか。

しかし、肌が元々持ち合わせている天然保湿成分(NMF)の一つですし、硬くなった角質を柔らかくして体外へと排出しやすくしてくれるので、背中ニキビの予防に繋げられるのです。

一昔前から抗角化症薬として使われておりますし、肌に危険のある成分ではないので特に問題はありません。

この尿素が含まれたケラチナミンコーワ軟膏は、以下のような評価を得ておりました。

・脚の裏の角質取りに適した軟膏だと思った
・腕や背中のブツブツを解消できた
・皮膚科で処方されたけど効き目があるのか分からない
・お風呂上りに使用してビックリするくらい綺麗な美肌を手に入れられた
・医薬品だけあってドラッグストアのハンドクリームとは違う
・乾燥してガサガサになった皮膚を改善してくれる
・冬場の湿度が低い時期に最適だと思う

尿素は背中ニキビだけではなく、ひびやあかぎれ、アトピーや老人性乾皮症、しもやけや毛孔性苔癬など様々な症状に効き目があります。

そのため、これらの肌トラブルを抱えている方には、ケラチナミンコーワ軟膏の使用が実におすすめです。

もちろん、全ての肌質の方にマッチする軟膏だとは限らないので、自己判断で使用するのではなく、皮膚科の専門医の指示に従って使用するのがベストかもしれません。

医薬品以外で背中ニキビを治したいのならば、当サイトでご紹介している保湿ジェルのジュエルレインがおすすめです。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビを治す薬