背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビ跡の消し方

   

ニキビだけではなく、炎症や化膿を起こし、背中ニキビ跡となって肌に残されているような方は数多くいらっしゃいます。

背中ニキビとは違って治りにくいので、「どのような消し方をすれば良いのだろうか?」という悩みを抱えているかもしれません。

そこで、以下では背中ニキビ跡の効果的な消し方をご紹介しているので、実際に試してみてください。

 

薬用成分が配合された化粧品を使用する

薬用成分が配合された化粧品を使用するのは、背中ニキビ跡の消し方の一つとなっております。

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムや、美白成分のプラセンタエキス、肌にハリや弾力を与えるコラーゲンが含まれていれば効果的です。

また、肌が乾燥するとその刺激から守るために、肌は余計に皮脂を分泌し、新たな背中ニキビが肌に形成されやすくなります。

乾燥が悪化すれば痒みが発生し、掻き毟ることで背中ニキビ跡ができるリスクが高まるので、保湿成分がたっぷりと含まれているかどうかも選び方の一つかもしれません。

ビタミンC誘導体といった美肌成分が含まれていれば、メラニン色素の生成を抑え、シミやソバカスといった肌トラブルも防いでくれます。

そこで、当サイトでは赤みやボコボコ肌といった症状の背中ニキビ跡に効き目があるリプロスキンをご紹介しており、肌に直接塗布するタイプの化粧水です。

3つの成分を効率良く吸収させるトリプルブースターシステムが取り入れられた化粧水なので、背中ニキビ跡で悩む女性は一度使用してみてください。
 

>>> リプロスキンの詳細はこちら

 

市販薬を使ってケアを行う

化粧品では背中ニキビ跡では治りにくいため、市販薬を使った消し方は効果的だと考えられております。

ニキビ治療薬の中でも、炎症やアレルギーを鎮める効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムや、角質を溶かして軟らかくする働きを持ったサリチル酸が含まれた市販薬がおすすめです。

皮膚科で処方される抗生物質やビタミン剤を取り入れるのも効果的で、個人の背中ニキビ跡の症状や肌質に合わせて最適なものを処方してくれます。

ナイロンやポリエステルといった化学繊維で構成された素材のタオルでゴシゴシと洗っても背中ニキビ跡は落ちませんし、摩擦によるダメージで更に治りにくくなるので注意が必要です。

 

美容皮膚科やメディカルエステで処置を受ける

セルフケアで背中ニキビ跡が治らないのならば、美容皮膚科やメディカルエステで処置を受けてみるべきです。

どんな方法よりも効果的なニキビ跡の消し方で、その中でもほぼ確実にシミを除去できるのがレーザー治療で女性から人気を得ております。

炭酸(CO2)ガスレーザーや光治療(フォトセラピー)、フラクショナルレーザーなど種類が多く、皮膚科の医師に相談して自分に合う治療法を選択するべきです。

ただし、「保険が適用されない」「痛みが生じる」「施術後にかさぶたが形成される」というデメリットがあります。

また、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスといった成分を角質層の奥まで行き渡らせるイオン導入や、フルーツ酸を使って表面の角質を剥がすケミカルピーリングも背中ニキビ跡の治療として効果的です。

レーザー治療と同じように、どれも保険適用外の施術ですが、高い費用がかかる分、得られる効果も高いので医療機関を受診して説明を受けてみましょう。

 - 背中ニキビの跡