背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと絹

   

背中ニキビの症状を直接的に和らげられるわけではありませんが、予防のために絹(シルク)の素材で作られた肌着やパジャマに変えるのがおすすめです。

ナイロンやポリエステルといった化学繊維で作られた衣類は肌にとって大きな刺激となり、背中ニキビといった肌トラブルを引き起こす原因となります。

普通の肌質の方であれば特に気にする必要はないかもしれませんが、敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方は絹(シルク)に変えた方が良いかもしれません。

単純に肌にとって大きな刺激になるだけではなく、化学繊維の衣類は汗を吸収しにくいという性質があります。

気温の高い夏場にそのような衣服を着ていると汗で患部が蒸れ、背中ニキビができやすくなるため、汗の吸収性に優れた衣服を着用するべきです。

絹(シルク)はどの素材と比べても肌に優しく、保湿効果も高いということで背中ニキビの予防に繋がります。

「絹(シルク)の肌着やキャミソールは高いからちょっと・・・」という女性は、自然由来のテンセルやリヨセルで作られた衣類が良いのではないでしょうか。

既に背中ニキビが肌に形成されている方は衣服の素材に気を配るだけでは治すことはできないので、当サイトでご紹介しているジュエルレインをおすすめします。

肌に潤いを与えながら背中ニキビの炎症を和らげられる美容ジェルなので、公式ホームページからお得な価格で販売されている定期コースで注文してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中ニキビが形成された肌は想像以上にデリケートで、ゴシゴシと洗っていると皮膚のバリア機能が衰えて症状を悪化させる要因となります。

清潔な状態を保つために綺麗にお風呂の中で洗うことは大事ですが、ナイロンタオルでゴシゴシと洗えば良いわけではありません。

そこで、肌に刺激を与えずに洗浄するために、絹で作られたボディタオルの使用が適しております。

「天然生成 絹ボディタオル」といった製品がAmazonでは販売されており、他のボディタオルと比較して高いのがデメリットです。

しかし、顔の洗顔と同じように背中ニキビを予防する上でも優しく刺激を与えないように洗うのが大事なので、絹で作られたボディタオルを使ってみましょう。

「背中に刺激を与えないようにボディソープを使って洗うのではなく、ぬるま湯で流すだけで良いのではないか?」と考えている方はいらっしゃいます。

確かに、肌に刺激を加えないのが一番なのですが、お湯で流しているだけでは毛穴に詰まった汚れを除去できず、背中ニキビの予防に繋がらないのでボディタオルやスポンジは使った方が良いのです。

絹のボディタオルならば刺激を減らして背中の肌の皮脂量を適度に保てますし、ナイロンタオルと違って通気性が良くて雑菌の繁殖を抑えられるので、是非一度使ってみてください。

 - 背中ニキビのケア