背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

更年期の背中ニキビ

   

ニキビと聞くと10代や20代の若者に引き起こされるというイメージが強いかもしれませんが、更年期の女性も背中ニキビに悩まされることがあります。

もちろん、女性だけではなく男性も更年期に差し掛かると中高年特有の背中ニキビに悩まされやすく、肌トラブルが悪化して見た目のイメージが悪くなるのです。

更年期の背中ニキビの原因の一つとして皮脂の不足が挙げられ、思春期の若者のような皮脂の過剰分泌とは逆の症状が引き起こされます。

10代や20代の年齢と比較すると皮脂の分泌量がグっと更年期では下がり、皮膚の表面を保護する力が弱まるためアクネ菌による感染を引き起こしやすく、背中ニキビができやすいというメカニズムです。

女性の場合、女性ホルモンのエストロゲンは肌に潤いを与えてピチピチとした状態を保つという働きを持ち合わせており、更年期によるホルモンバランスの変化によって分泌量が少なくなるため、肌は次第に乾燥していきます。

乾燥によって肌を守っているバリア機能は低下しますし、身体の機能バランスも崩れやすくなるため、更年期に背中ニキビの症状が悪化しても決して不思議ではないでしょう。

そのため、更年期の背中ニキビの治し方としては皮脂の代わりとなる美容成分で肌に潤いを与えたり、皮膚の抵抗力の低下を補うために殺菌力の高い化粧品を使用したりという方法が最適です。

毎日のスキンケアを念入りに行っていればニキビ菌が体内へと侵入しても早い段階で対応できるので、当サイトでご紹介しているジュエルレインの使用をおすすめします。

ジュエルレインの中にはヒアルロン酸やコラーゲンといった潤い成分が豊富なので、背中ニキビの対策のために一度使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、更年期は皮膚細胞の回復力が落ちているため、背中ニキビが一度形成されると治りにくいという特徴があります。

そのため、背中ニキビができてから何かしらの対策を練るのではなく、予防をして肌トラブルを未然に防ぐケアを中心に行わなければなりません。

古くなった角質を新しい角質へと変えるターンオーバーは年齢を重ねるにつれて徐々に低下し、ニキビの原因菌に対する免疫力は落ちていきます。

これは加齢による自然な現象で100%防ぐことはできないので、日々のスキンケアで免疫力の低下を補っていれば背中ニキビの予防に繋がるのです。

もちろん、スキンケア用品の使用では限界があるので、更年期の方は健康体を保つためにも普段の生活習慣を見直してみましょう。

現代では食生活の欧米化により、更年期の方でも動物性脂肪や油脂類を多く含む食べ物を食べる機会が増えました。

栄養が偏ることで肌の回復力が落ち、背中ニキビを中心とする肌トラブルが引き起こされやすくなるかもしれないので、バランスには十分に気を配ってください。

 - 背中ニキビと年齢・性別