背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治す抗生物質

   

アクネ菌といった細菌が繁殖した際に、その活動を抑えて赤みを改善するのが抗生物質で、背中ニキビの治療にも用いられております。

背中ニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビならば、普段のスキンケアで治るかもしれません。

それに、自然と背中ニキビが消えていたというケースも十分にあり得ますし、無理に抗生物質を使う必要性はないのです。

しかし、炎症を起こして赤く腫れ上がっているのならば、自然治癒に任せるのは良くありませんし、次第に症状が悪化していくこともあります。

そのため、炎症や細菌の繁殖を抑えるために抗生物質を服用するのが良いですし、皮膚科で実施されているオーソドックスな治療法なのです。

皮膚科で処方される代表的な抗生物質としては以下が挙げられます。

<内服薬(飲み薬)>
・ビブラマイシン
・ミノマイシン
・ルリッド錠
・クリンダマイシン
・シナール

<外用薬(塗り薬)>
・ナジフロキサシン
・ダラシンTゲル
・ディフェリン

上記のような抗生物質が皮膚科では処方されることが多く、医師の指示に従って服用することで背中ニキビの症状を和らげられます。

素人では自分の体質に合った医薬品を見極めることはできないため、専門医の指示に従って治療を進めなければなりません。

また、一口に抗生物質と言っても、「テトラサイクリン系」や「マクロライド系」、「セフェム系」など幾つかの種類に分けられております。

各系統で作用の仕方が異なるものの、背中ニキビの原因菌の繁殖を抑えられるという点では一緒で、結果的に炎症や化膿といった症状を防げるのです。

もちろん、既に炎症や化膿が酷くなった背中ニキビに対しても抗生物質は力を発揮しますし、自分であれこれと処置を行うよりも皮膚科を受診して治療した方が安心なのではないでしょうか。

ただし、抗生物質はあくまでも細菌の繁殖を一時的に押さえ込むに過ぎず、炎症を和らげるだけなので背中ニキビの根本的な解決には至らないので注意が必要です。

「抗生物質さえ飲んでいれば自然と背中ニキビは治る」と考えている方は少なからずいらっしゃいます。

確かに、炎症を和らげる処置を行うのは非常に大事なのですが、即効性がある代わりに長期間に渡って服用していると細菌が薬剤耐性を持つというデメリットがあります。

薬剤耐性を持った細菌は、抗生物質を服用しても効かなくなりますし、どの医薬品でも「肌の赤み」「カンジダ症」「めまい」「肝機能障害」「胃腸障害」といった副作用があるので注意が必要です。

もし、背中ニキビの炎症を解消できたらそのまま抗生物質を服用するのではなく、今度は肌荒れを治す対処を行っていきましょう。

そのサポートを行ってくれるのが当サイトでご紹介しているジュエルレインなので、白ニキビや黒ニキビといった症状で悩んでいる方は是非使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビを治す薬