背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビが繰り返す時は?

   

小さな背中ニキビならば特別な対処をしなくても自然に治っている場合があります。

しかし、「治る」⇒「再発する」⇒「治る」⇒「また背中ニキビができる」ということを繰り返すと、次第に症状が悪化して治りにくいニキビ跡へと変化しやすいので注意が必要です。

基本的に、「皮膚の角質が刺激を受けて硬くなる」⇒「毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなる」⇒「背中ニキビができる」という流れで形成されていきます。

繰り返す背中ニキビはその部分だけ乾燥気味だったり、肌のターンオーバーが乱れていたりという原因で生じ、根本的な要因を取り除かなければ意味がないのです。

特に、背中は衣服との摩擦が生じやすく、ナイロンやポリエステルといった化学繊維で作られた肌着を着用していると皮膚にはダメージが加わりやすくなります。

そこで、繰り返す背中ニキビを未然に防ぐためにも、角質が硬くなって毛穴詰まりを引き起こさないように、保湿ケアを念入りに行いましょう。

肌へと潤いを与えて保湿ケアを行うことにより、角質の柔軟性を保てるため、背中ニキビの予防に繋がります。

背中ニキビが形成されないようなスキンケアを毎日心掛けていれば、繰り返すことも当然のようになくなるはずです。

そこで、背中ニキビの改善や予防のためにも、当サイトでご紹介している美容ジェルのジュエルレインをおすすめします。

ヒアルロン酸やアロエエキス、プラセンタエキスなど肌へと潤いを与える美容成分がたっぷりと含まれているので、是非一度ジュエルレインを使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中ニキビを治すには必ずしも塗り薬や飲み薬を服用しなければならないわけではなく、スキンケア用品で症状を和らげることは十分にできます。

上記でご紹介したジュエルレインの中には、肌のターンオーバーを促進する水溶性プラセンタや、抗炎症作用を持ち合わせたグリチルリチン酸ジカリウムが含まれているのです。

これらの美容成分によって肌の乾燥を防ぐようなスキンケアを行っていれば、背中ニキビが繰り返し肌へと形成されることはありません。

「背中は手が行き届きにくいから」という理由でスキンケアをサボっていると、繰り返す背中ニキビで悩まされるかもしれないので注意が必要です。

ただし、上記でも説明したように、背中ニキビを繰り返していくうちに、ニキビ跡が形成されて肌に色素沈着や凸凹が残されるかもしれないので、早めに皮膚科を受診するのも選択肢となっております。

古くなった角質を除去するケミカルピーリングや、特殊な光でアクネ菌を死滅させるフォトフェイシャル、ホルモンバランスを整えるホルモン治療などが実施されているので、専門医の指示に従って治療を受けてみてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ