背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとラミシール

   

爪の水虫や白癬、皮膚真菌症の治療薬として使われているのがラミシールで、マツモトキヨシといったドラッグストアで販売されております。

カビの増殖を抑えるアリルアミン系抗真菌剤の一つで、皮膚カンジダ症の治療にも使われているため、ラミシールで背中ニキビを治せるのではないかと考える人もいらっしゃるはずです。

確かに、背中といった肌に形成される赤いブツブツの正体はマラセチア毛包炎で、真菌の働きを抑えるラミシールは効果を発揮します。

しかし、マラセチア毛包炎と背中ニキビでは微妙に治し方が異なるため、同じブツブツが肌に形成されていてもラミシールを塗布すれば良いというわけではありません。

これがマラセチア毛包炎の非常に厄介な部分で、背中や首、額といった場所に赤いブツブツが形成されます。

皮膚の常在菌のマラセチアの繁殖がマラセチア毛包炎の原因で、背中ニキビや汗疹の症状と酷似しておりますが、治し方が異なるのです。

マラセチアは高温多湿を好み、汗をかきやすい季節に肌のブツブツの症状が悪化するため、背中ニキビや汗疹と間違えやすいのではないでしょうか。

とは言え、マラセチア毛包炎はニキビや汗疹の薬では治らず、背中ニキビだった場合はマラセチア毛包炎の治療薬では治せないのです。

そのため、どちらの症状が身体に引き起こされているのか正確に判断するために、一度皮膚科を受診してみた方が良いかもしれません。

もし、背中ニキビが肌に形成されているのならば、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使って対処できます。

医薬品とは異なり、肌に優しいスキンケア用品の一種なので、一度ジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中ニキビではなくマラセチア毛包炎だった場合は、ラミシールを中心とする真菌を抑える働きのある外用薬を使って治療していきます。

クリームや外用薬、外用スプレーや錠剤など複数のタイプの医薬品が販売されており、優れた殺真菌力を発揮するのです。

外用薬のラミシールの場合は1日に1回に渡って患部に塗布する形となり、水虫やたむしならば1週間前後、カンジダ菌ならば1週間から2週間程度で症状は回復していきます。

しかし、一口に水虫と言っても、「ジュクジュクタイプ」「カサカサタイプ」「プツプツタイプ」「ゴワゴワタイプ」「粉ふきタイプ」「変色タイプ」など、症状には大きな違いが生じているのです。

その症状の違いによって適したラミシールの医薬品は異なるので、公式サイトにアクセスして「どれ買うCHECK」というページを閲覧してみてください。

 - 背中ニキビを治す薬