背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すムヒ

   

muhi

池田模範堂から販売されている虫刺されやかゆみ止めの軟膏がムヒで、遥か昔から愛されているロングセラー商品となっております。

背中ニキビが肌に形成されると痒みを伴うこともあるため、「ムヒが効くのではないか?」と考えている方は多いかもしれません。

確かに、ムヒは蕁麻疹や湿疹、汗疹といった皮膚炎による痒みの症状を和らげてくれますし、ニキビ治療薬に使われている成分も含まれているので背中ニキビにも使用できます。

普段のスキンケアで背中ニキビを予防することはできるものの、既に形成された背中ニキビを治すのには時間がかかるので、ムヒのような軟膏の力に頼るのは選択肢の一つです。

幾つかの種類があるものの、最もオーソドックスな「ムヒS」の中には以下のような成分が配合されております。

グリチルリチン酸:カンゾウから抽出された成分で抗炎症作用がある
イソプロピルメチルフェノール:アクネ菌やブドウ球菌を殺菌する
ジフェンヒドラミン:アレルギー症状を抑える働きがある
dl-カンフル:局所の疾患の治癒を促進する
ジイソプロパノールアミン:塗り薬の中に含まれていることの多い成分
l-メントール:清涼感を与えて痒みを鎮める

上記のように、炎症を抑えたりアクネ菌を殺菌できたりする成分が含まれているため、ムヒで背中ニキビを治すことはできるかもしれません。

しかし、ムヒのパッケージには「かゆみ」「虫刺され」「湿疹」「蕁麻疹」「汗疹」「しもやけ」といった症状に効き目があると記載されており、背中ニキビという表記はありませんでした。

つまり、背中ニキビを治す専用のクリームではないので、個人の肌質によっては症状が悪化する可能性があります。

そのため、背中ニキビを治したいのならば、当サイトでご紹介しているジュエルレインがおすすめです。

定期購入コースに加入すれば、「33%オフ」「120日間の返金保証」「送料無料」という特典があるので、是非一度ジュエルレインを購入してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、含まれている成分表を見れば、ムヒは背中ニキビにも効果がありそうな気がします。

しかし、皮膚科の医師に尋ねてみると、「虫刺されの薬は背中ニキビに使用してはいけない」「背中ニキビの治療薬は虫刺されに使用してはいけない」と言っておりました。

医薬品によってそれぞれ得られる効能は大きく異なるため、「効き目がありそう」という素人の判断で使ってはいけないことがお分かり頂けるはずです。

とは言え、背中ニキビではなく、虫刺されやかぶれといった皮膚の不快な症状ならば、ムヒは非常に高い効果が得られます。

ロングセラーの「ムヒS」だけではなく、液体状の「液体ムヒS2a」、効き目の素早さに拘った「ムヒアルファSⅡ」、お子様のかゆみ止めには「ムヒ・ベビー」、など幾つもの種類が登場しているのです。

ムヒの公式サイトで詳しく記載されているので、気に入ったものをドラッグストアで購入してみてください。

 - 背中ニキビを治す薬