背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビは何科を受診するの?

   

「背中ニキビを治すためには何科の病院を受診すれば良いのか?」という悩みを抱える方は多いはずです。

背中ニキビは肌に形成されるトラブルということで、皮膚科を受診するのがベストなのではないでしょうか。

どのような原因の背中ニキビにしても、肌に形成されていることには変わりないため、皮膚科を受診すれば診てくれます。

そして、個人の背中ニキビの症状や体質に合わせて、塗り薬や飲み薬を処方してくれるので、用法と用量に従って服用していれば炎症を和らげられるはずです。

セルフケアで絶対に治るとは限らないので、「背中ニキビの炎症を食い止めたい」「何科を受診すれば良いのか分からない」という人は、とりあえず皮膚科を受診するのが良いかもしれません。

他の部位に生じている病気が原因で背中ニキビのような肌トラブルが引き起こされている可能性はあるものの、素人では正しい理由を突き止めることはできないので、皮膚科を訪れるのが最も良いのです。

背中ニキビも皮膚の病気だと言えるので、皮膚科を受診すると「背中ニキビができ始めた年齢」「便通」「食事」「生理周期」など、幾つかの質問に答える形となります。

答えなくない内容は無理に答える必要はないものの、問診と患部の症状を診察して総合的に治療を決めていく形となるため、できる限り詳しい情報を医師に与えなければならないのです。

医師とのカウンセリングによって治療内容の説明や自宅での正しいスキンケア方法を伝授してくれるかもしれないので、今既に形成されている背中ニキビを治すだけではなく、これから形成される背中ニキビを予防する際にも大事なことなのではないでしょうか。

そして、個人の症状に合わせて細菌の繁殖を抑える抗生物質やホルモンバランスを整える飲み薬、炎症を和らげたり皮脂の過剰分泌を抑えたりする塗り薬が処方されます。

飲み薬や塗り薬の処方が皮膚科での背中ニキビの一般的な治療で、得られる効果を最大限にするためにも医師が指示する用法と用量をきちんと守らなければならないのです。

もし、背中ニキビの炎症や化膿が悪化して背中ニキビ跡が形成されているのならば、普通の皮膚科ではなく美容皮膚科を受診するのが良いかもしれません。

美容皮膚科では医薬品の処方だけではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンの注射やケミカルピーリング、レーザー治療やフォトフェイシャルなど特殊な治療が実施されております。

背中ニキビではなく、マラセチア毛包炎や粉瘤といった肌トラブルが引き起こされているかもしれないので、症状の特定に困る場合も皮膚科を受診してみてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ