背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビが治らない時は?

   

「背中ニキビが治らない時はどうすれば良いのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、何をやっても背中ニキビが治らないと悩むのは決して不思議な話ではなく、個人の体質によっては慢性的に続くことがあるのです。

そこで、「プールや海に行くのが鬱」「デートするのも鬱」という女性のために、以下では背中ニキビの治し方を幾つかご紹介しているので、是非一度参考にしてみてください。

 

肌に潤いを与えて保湿する

背中ニキビを繰り返すということは肌が弱っている証拠なので、潤いを与えて保湿を促す必要があります。

背中ニキビが形成されている状態で更に肌が乾燥していると、刺激がダイレクトに届いて余計に治りにくくなるのです。

シミやシワといった他の肌トラブルを回避するためにも、顔と同じように背中の皮膚も保湿を心掛けなければなりません。

そこで、肌の乾燥を防ぐために、当サイトでご紹介しているジュエルレインをおすすめします。

化粧品のジュエルレインの中には、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタエキスといった保湿成分がたっぷりと含まれているのです。

炎症を抑える成分も配合されているので、治らない背中ニキビで悩んでいる人は一度ジュエルレインを使ってみましょう。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

ピーリングを行う

古くなった角質が肌へと留まり、それが毛穴に詰まって背中ニキビが引き起こされているという方はいらっしゃいます。

そのような人には無駄な角質を剥がすピーリングが適しており、新陳代謝を上げて肌のターンオーバーを促すことができるのです。

通販では自宅で処置が施せるピーリング石鹸が販売されており、「1週間に一度のペースで行う」「ピーリングの後に保湿を心掛ける」という正しい使い方をしていれば、背中ニキビを中心とする肌トラブルを改善できます。

ただし、敏感肌の人にとっては少々刺激が強いかもしれないので、自分の肌の状態を確かめながらピーリング石鹸を使うようにしてください。

 

皮膚科を受診する

セルフケアで背中ニキビが治らない時は、皮膚科を受診するのがベストかもしれません。

他のページでも説明致しましたが、皮膚科を受診すれば個人の症状に合わせて適切な治療薬を処方してくれます。

医薬品の方がサプリメントや化粧品よりも得られる効果が高く、即効性もあるのです。

それに、肌に形成されているのが背中ニキビではなく、カビの一種のマラセチア菌によるマラセチア毛包炎の可能性もあります。

分泌された皮脂をエサにしてマラセチア菌が増殖し、皮脂の中に含まれたトリグリセリドを遊離脂肪酸に変えて肌を刺激するのです。

その結果、肌に無数のボツボツが引き起こされる皮膚の病気なので、マラセチア毛包炎を治すためにも皮膚科で抗真菌薬を処方してもらいましょう。

 - 背中ニキビに関するFAQ