背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

夏の背中ニキビ

   

「夏までに背中ニキビを治して美肌を手に入れたい」と考えている女性は数多くいらっしゃいます。

夏場は水着やキャミソール、ノースリーブといった背中の見える衣服を着る機会が多いため、背中ニキビを治したいと考えるのは当然かもしれません。

冬場はジャケットやコートで隠れている部分でも、夏場は背中が人前に出やすいのでこれは当然です。

夏場は春や秋といった季節と比較して気温が高い影響で汗をかきやすく、不衛生な状態の放置によって汗のpH値が弱酸性からアルカリ性になり、アクネ菌といった皮膚常在菌が繁殖しやすくなります。

皮膚がアルカリ性へと傾くと肌の殺菌力が低下し、雑菌の繁殖によって背中ニキビが引き起こされやすくなるため、肌は弱酸性を保つのがベストだと言われているのです。

それに加えて、夏場は高い気温と太陽からの紫外線により、肌のターンオーバーが乱れて古い角質が肌に残されやすくなります。

その角質が毛穴に詰まることで背中ニキビが発生しやすくなるため、夏場は肌トラブルが引き起こされやすいのではないでしょうか。

背中ニキビのケアで最も大事なのは肌を清潔に保つことなので、背中に汗をかいた時は小まめに清潔なハンカチやタオルで拭き取るべきです。

特に、夏は睡眠中にかく汗の量も必然的に多くなるので、背中ニキビを予防するために毎日p邪魔を取り替えて清潔さを保った方が良いかもしれません。

もちろん、季節に関わらず肌に潤いを与えて保湿することは大事なので、潤い成分がたっぷりと含まれたジュエルレインを使って背中ニキビを対処してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、夏は暑いのでエアコンが欠かせませんし、オフィスでも部屋の中でも冷房を付けっ放しという状態になりやすいはずです。

しかし、冷房の効いた部屋の中で過ごす時間が多いと肌が乾燥し、背中ニキビが形成される大きな原因となります。

それに、冷え性で悩まされやすい女性は、冷房病(クーラー病)を患う可能性があるので十分に注意しなければなりません。

長時間に渡ってエアコンの効いた部屋の中で過ごしていたり、クーラーの効いた部屋と暑い室外を往復することで冷房病(クーラー病)を発症します。

その結果、自律神経やホルモンのバランスが乱れ、身体の冷えや頭痛、倦怠感や食欲不振など、夏バテのような症状が引き起こされるのです。

冷やしすぎは背中ニキビの原因になるだけではなく、新陳代謝の低下によってむくみが生じやすく、痩せにくい体質となってダイエットにも弊害があります。

美容と健康の両方を損ねる結果になりかねないので、エコ的にもエアコンの設定温度は28℃を守って冷やし過ぎないように注意してください。

 - 背中ニキビのメカニズム