背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

寝汗が原因の背中ニキビ

   

nease

春から夏にかけての季節は気温が高く、寝汗が原因で背中ニキビの症状が酷くなるケースも決して少なくありません。

「冷房代が勿体無い」「風邪を引きやすい」ということで、クーラーのタイマーをかけて眠る方はいらっしゃいます。

この試みは決して間違いではありませんが、熱帯夜は汗をかきやすく、寝汗が毛穴の中に入り込んで細菌が繁殖し、背中ニキビの原因となるのです。

起きている時ならば汗をかいたとしても、清潔なタオルやハンカチで拭き取ったり、シャワーを浴びたりという対策ができます。

しかし、寝ている時の寝汗を対策するのは難しく、「背中」「パジャマ」「シーツ」「布団」と様々な場所と密着状態となっているため不衛生な環境が出来上がりやすいのです。

とは言え、睡眠中に寝汗の対策を行うことは難しいので、起きている時にできる限りの対策を練ってみましょう。

寝ている時間帯は最も体温が上がりやすいので致し方ない症状ですし、寝汗をかくのは新陳代謝が活発な証拠なので、寝具に気を配って背中ニキビの対策を行えば良いのです。

例えば、寝汗でビショビショになったパジャマや布団、枕カバーといった寝具を洗濯せずに長期間に渡って使っていると、雑菌が繁殖するには最高の環境となり、背中ニキビや顔ニキビの大きな原因となります。

そのため、以下のような対策を練るべきです。

・寝汗をかいたらシーツを取り替える(洗濯する)
・枕カバーを定期的に洗濯する
・天気の良い日は布団を天日干しする
・パジャマは毎日取り替える

背中ニキビの効果的な治し方というわけではありませんが、患部の清潔さをしっかりと保っていれば肌トラブルの予防に繋がります。

また、吸水性の良いパジャマや肌着といった寝具を着用して眠れば、寝汗をかいたとしてもきちんと吸い取って肌に残されるような心配はないはずです。

サラサラな感触ということで人気のポリエステル製の衣類は汗を吸い取りにくいため、綿やシルクといった素材が良いかもしれません。

「寝る前に水分補給をしない」「部屋の温度を調節する」という対策を実行して汗の量を減らそうと試みても、寝汗は多少なりともかいてしまうはずです。

だからこそ、汗をかいても背中ニキビの症状が悪化しないような処置を起きている時に行うのが最も大事なのではないでしょうか。

仮に、寝汗が原因で背中ニキビが引き起こされたとしても、当サイトでご紹介しているジュエルレインでスキンケアを行っていれば特に問題はないので、是非一度購入してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビの原因