背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

妊娠中の背中ニキビ

   

妊娠中の女性は他の人と比べて身体に様々な変化が引き起こされやすく、背中ニキビもその一つです。

妊娠中でも綺麗でいたいと考える女性は多いはずですし、背中や顔にニキビが形成されてショックを受けている方は少なくありません。

妊娠中に背中ニキビが形成される一番の理由はホルモンバランスの変化で、妊娠を継続して赤ちゃんを育てるために女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの働きが活発になります。

黄体ホルモンのプロゲステロンは男性ホルモンと似た働きを持っており、皮脂の分泌量が増すという特徴があるため、毛穴の中に詰まって背中ニキビが形成されやすくなるのです。

ホルモンバランスの乱れによって自律神経も不安定な状態となるので、ストレスによって背中ニキビが増えやすくなるとも考えられます。

とは言え、基本的には妊娠初期に引き起こされやすく、妊娠後期から出産後にかけて症状が回復する場合が大半です。

それでも、妊娠中は肌の状況が変化しやすい時期なので、しっかりとケアを行った方が良いでしょう。

しかし、妊娠中は当然のようにお腹の赤ちゃんのことを一番に考えなければならず、皮膚科を受診してもエステでの施術や塗り薬は避けた方が良いと言われます。

スキンケア用品を使って時間をかけて背中ニキビを治していくのがベストなので、当サイトでご紹介しているジュエルレインがおすすめです。

ジュエルレインにはお腹の赤ちゃんに悪影響を与えるような成分は含まれておらず、妊娠中でも使用できる安心の無添加ジェルなので、背中ニキビの対策として一度使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、妊娠中の背中ニキビはホルモンの影響で症状が悪化しやすいため、1ヵ所や2ヵ所にプツプツと形成されるだけではなく、デコルテや首筋まで広がる可能性があります。

出産後には自然と完治する女性が多いものの、何も対策をしなければ治らずに肌に残るかもしれないので、日々のスキンケアだけではなく生活習慣にも気を配るべきです。

・つわりで栄養のバランスが取れなくなるのでイソフラボンが含まれた豆乳を飲む
・妊娠中はむくみで悩む女性が多いため、塩分の多い添加物やインスタント食品を避ける
・綺麗な素肌を作るために睡眠の質を高める工夫を行う
・日焼け対策のためにファンデーションを塗布する

上記のような対策も同時に練っていれば、妊娠中の背中ニキビを予防して美肌を維持できるはずです。

また、妊娠中は妊娠線の周りにポツポツと痒みのある湿疹が形成されやすく、これは妊婦湿疹やPUPPP(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy)と呼ばれております。

背中ニキビと同じように出産後に自然と治るケースが多いものの、個人の肌質によっては酷く悪化するかもしれないので、不安な女性は産婦人科の医師に相談してみてください。

 - 背中ニキビと年齢・性別