背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すニゾラール

   

ヤンセンファーマ株式会社から製造・販売されている抗真菌薬がニゾラールクリームで、皮膚炎や湿疹といった症状の治療として用いられております。

ニゾラールローションとも呼ばれており、真菌の繁殖が原因で引き起こされる脂漏性皮膚炎や外陰カンジダ症、口腔カンジダ症やインキンタムシといった病気に効き目があるのです。

細菌の繁殖を食い止められるということで、「ニゾラールクリームは背中ニキビの治療にも適しているのではないか?」という疑問を抱える方がいらっしゃるかもしれません。

確かに、ニゾラールクリームの中には抗菌作用のあるケトコナゾールと呼ばれる成分が含まれており、背中ニキビの原因となるアクネ菌や、背中のブツブツを引き起こすマラセチア菌を殺菌してくれます。

炎症を起こした赤い背中ニキビにも効き目があり、医師の指示に従って使っていれば症状を緩和できるはずです。

特に、カビの一種の真菌が原因となって引き起こされるマラセチア毛包炎にニゾラールクリームは効き目があり、高い抗菌効果を発揮します。

背中ニキビとマラセチア毛包炎は症状が似ておりますが、引き起こされる原因が大きく異なり、マラセチア毛包炎は背中ニキビと同じ治療をしていても回復に繋がらないのです。

「1ヵ所や2ヵ所に形成されるのが背中ニキビ」「小さなポツポツが10箇所以上に形成されるのがマラセチア毛包炎」という特徴があるものの、どちらか見分けが付かない際はニゾラールクリームを使うのが良いのではないでしょうか。

アスペルギルスやカンジダ、白癬菌や癜風菌は全て真菌の一種なので、異常繁殖を防ぐためにニゾラールクリームを使用します。

薬局やドラッグストアでは販売されていない医薬品なので、皮膚科を受診して医師から処方してもらわなければなりません。

抗生物質の中でも刺激は弱いものの、ニゾラールクリームの使用によってヒリヒリとした刺激感や発赤が引き起こされる場合があります。

これらのアレルギー反応が引き起こされた状態で塗り薬を使っても大きな効果は得られないため、治療を続けるかどうかは専門医の指示に従わなければならないのです。

また、炎症を引き起こした背中ニキビならばまだしも、皮脂が詰まっただけの白ニキビや黒ニキビにはニゾラールクリームは効き目がないので、当サイトでご紹介しているジュエルレインで対処してください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビを治す薬